OneDriveを停止・無効化する方法を解説!OneDriveを勝手に起動させないようにするには

OneDriveを停止・無効化する方法を解説!OneDriveを勝手に起動させないようにするには

Microsoftのオンラインストレージサービス「OneDrive」ですが、使わない人にとっては表示されていてもあまり意味がないものですよね。今回の記事では、OneDriveを停止したり、無効にする方法について解説していきます。


目次[非表示]

  1. OneDriveを停止・無効化したい
  2. OneDriveを停止・アンインストールする方法
  3. OneDriveが勝手に起動するのを停止する方法
  4. まとめ

OneDriveを停止・無効化したい

クラウド化が叫ばれる時代、OneDriveの機能を、皆さんはどのくらい使っていますでしょうか。

クラウドを活用すれば、会社や自宅、出張先など自由自在にデータを管理・活用できます。最近ではスマートフォン・iPhoneでも幅広く利用が可能で、電波が通ればどこでもアクセスできることが強みの一つです。

そんな、便利なオンラインストレージであるOneDriveですが、勝手に起動して同期を始めることからパソコンが重い原因となったり、単純に使わないといった理由から、停止させたい、無効化したいという人も多いのではないでしょうか。

実際、OneDriveの更新時にパソコンの処理が重いと感じることがありますし、そうでなくても、使わないアプリケーションを起動したまま放置しておくのはあまり良いことではありません。

OneDriveは、標準のWindows10の設定だと、スタートアップという機能により勝手に起動するようになっていますので、この機能をオフにすることで、ひとまず勝手に起動させないことは可能ですし、もちろんアンインストールしてしまうことも可能です。

今回の記事では、機能を停止・あるいは削除・アンインストールしてしまう方法、それからスタートアップ機能をオフにすることで、勝手に起動することを防ぐ方法をそれぞれご紹介していきます。

OneDriveを停止・アンインストールする方法

OneDriveを停止・アンインストールして無効化する方法について紹介していきます。

まず、Microsoftアカウントでサインインしてファイルを同期している場合は、OneDriveとのリンクを解除しておきましょう。サインインしていない・もともと使わない場合は基本的に関係ありませんが、念のため同様の操作を行っておくことをお勧めします。

OneDriveのリンク解除(停止)

Windows10のタスクバー
Windows10のタスクバーを確認します。図下のような雲のアイコンがOneDriveのアイコンなので、これを見つけ、右クリックします。図のようにOneDriveが表示されるので、「設定」をクリックしましょう。

ない場合は、図ではOneDriveアイコンの一つ左にある「隠れているインジケータを表示」をクリックすると、表示されていないアイコンが出てくるので、そこも探してみてください。
Microsoft OneDrive設定
設定画面が出てきたら、「アカウント」タブをクリックしてください。このような画面になると思います。

「このPCのリンク解除」という箇所を探し、クリックします。
Microsoft OneDrive設定
このPC上のアカウントのリンクを解除しますか?と表示されるので、「アカウントのリンク解除」をクリックします。これで操作完了です。

OneDriveのアンインストール

アカウントのリンクを解除したので、これで同期が停止しました。それでも更新などは自動で行われるので、パソコンの処理が重い原因となることもあります。

完全にパソコンから削除したい!というときには、アンインストールの手順を踏みましょう。

画面左下のWindowsボタンを右クリック
画面左下のWindowsボタンを右クリックすると、図のようなメニューが表示されます。

ここから、「アプリと機能」を選び、クリックします。
アプリケーションの一覧が表示されますので、図真ん中の検索ウインドウに「Onedrive」と入力すると、下にOneDriveが表示されますので、クリックし、「アンインストール」を選びましょう。

OneDrive関連フォルダの削除

アンインストールした後も、関連するフォルダなどはパソコンに残ります。全く使わないし、完全に削除してしまいたい方は、これより先の手順を実行してください。

以下のフォルダを探して、削除します。

・C:\Users\ユーザー名\OneDrive
・C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\OneDrive
・C:\ProgramData\Microsoft OneDrive

Cドライブ内は、プログラムデータフォルダ内など、システムの根幹をなすファイルが多数ありますので、十分注意して行ってください。

OneDriveに関連するレジストリを削除する

最後に、OneDriveに関連しているレジストリを削除すれば、キレイさっぱりOneDriveをパソコンから削除することが出来ます。

レジストリとは、Windowsの基本的な設定データのことです。

レジストリの操作を誤ると、最悪パソコンが壊れたり、インターネットに接続できなくなるなど取り返しのつかない不具合を引き起こしてしまう可能性があります。

レジストリの操作画面を開く際は、細心の注意を払ってください。
※自己責任となりますのでご注意ください。

ファイル名を指定して実行
Windowsボタンを右クリックして、「ファイル名を指定して実行」を選びます。
「regedit」と入力
「regedit」と打ち込み、エンターキーを押してください。
編集タブから「検索」をクリック
レジストリエディターが表示されたら、編集タブから「検索」をクリックします。

次の記号をそのままコピーし、「検索する値」の欄に張り付けてください。

{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}

そして、「キー」「完全に一致するものだけを検索」のみにチェックをして、「次を検索」をクリックしてください。

検索した名前と全く同じフォルダが出てきたら、そのフォルダを右クリックして消去すれば完了です。

OneDriveが勝手に起動するのを停止する方法

勝手に起動させないというだけであれば、OneDriveの設定画面から行うことが出来ます。

OneDriveの設定画面の「設定」タブ
リンク解除の手順と同様に、OneDriveの設定画面を開き、「設定」タブを開きます。

「WindowsにサインインしたときにOneDriveを自動的に開始する」のチェックをオフにすれば完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?OneDriveを非表示・無効にさせるための方法についてご紹介しました。

単に起動させないというだけであれば簡単に行うことができます。また、アンインストールもWindows 10では通常のアプリケーションと同様に行えばよいので、それほど難しくはないかと思います。

たいていの場合は、レジストリまで編集する必要はなく、アンインストールで解決することがほとんどですので、繰り返しになりますが、プログラムファイル内やレジストリを編集する際は、くれぐれも注意して行うようにしてください。