Windows10のスタートアップの場所への追加と削除の方法!

Windows10のスタートアップの場所への追加と削除の方法!

Windows10のパソコンで、パソコンの起動時に一緒にアプリケーションを起動させるスタートアップの場所を知っておくことで自由に追加・削除が可能となります。この記事では、Windows10のスタートアップの場所への追加と削除の方法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. Windows10のスタートアップの場所は?
  2. Windows10のスタートアップの場所への追加と削除の方法

Windows10のスタートアップの場所は?

Windows10のパソコンを使用していて、パソコンの起動時にアプリケーションを起動させる「スタートアップ」にアプリを登録したいと思ったことはありませんか?スタートアップアプリに登録するためには、スタートアップアプリのフォルダにアプリのショートカットを設置する必要があります。

スタートアップの場所ですが、ユーザーごとのスタートアップフォルダと共通のスタートアップフォルダの2つのフォルダが用意されています。2つのスタートアップフォルダの場所(パス)を記載します。

  • ユーザーごとのスタートアップ…C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
  • 共通のスタートアップ…C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\StartUp

Windows10のスタートアップの場所への追加と削除の方法

それでは、Windows10のスタートアップの場所への追加と削除の方法を説明します。冒頭で説明した通り、スタートアップはユーザーごとのフォルダと共通のフォルダが用意されています。エクスプローラーを起動してスタートアップフォルダへとアクセスしましょう。

スタートアップフォルダを開いたら、スタートアップに追加したいアプリ・プログラムのショートカットを貼り付けましょう。

ユーザーごとのフォルダに貼り付ければそのユーザーがパソコンを起動した時のスタートアッププログラムとして起動し、共通のフォルダに貼り付ければすべてのユーザーがパソコンを起動した時にスタートアッププログラムとして起動するようになります。スタートアップから削除したい場合は、ショートカットを右クリックして選択してメニューの「削除」からショートカットの削除を行えばOKです。

ユーザーが自ら追加したわけではないのにスタートアップとして起動するアプリ・プログラムは、「タスクマネージャー」から管理することができます。デスクトップ画面下部のタスクバーの何もないところを右クリックして「タスクマネージャー」を起動しましょう。
タスクマネージャーウィンドウが起動したら、「スタートアップ」タブを開きます。ここにスタートアッププログラムの一覧(有効・無効)が表示されるので、有効化・無効化したいプログラムを選択したらウィンドウ右下の「無効にする(有効にする)」をクリックすることで設定を変更することができますよ。