Excelの起動が遅い場合の対処法をご紹介!

Excelの起動が遅い場合の対処法をご紹介!

Microsoft Excelの起動が遅いと感じていませんか?Excelの起動が遅い場合はOfficeのファイルが破損していたり、アドインが邪魔をしている可能性が考えられます。この記事では、Excelの起動が遅い場合の対処法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. Excelの起動が遅い問題
  2. Excelの起動が遅い場合の対処法

Excelの起動が遅い問題

Microsoft Excelを使用していて、Excelの起動遅いことに悩まされていませんか?以前はもっと早く起動したのに最近は起動が遅いという場合は、原因を見つけて解決することで起動を早くすることができますよ。この記事では、Excelの起動が遅い場合の対処法をご紹介していきます。

Excelの起動が遅い場合の対処法

セーフモードで起動してみる

「はい」をクリック
Excelの起動が遅い場合は、まずセーフモードでの起動を試してみましょう。Ctrlキーを押しながらExcelのショートカットアイコンをクリックして起動すると、「Ctrlキーが押されたままになっています。Excelをセーフモードで起動しますか?」と尋ねられるので「はい」をクリックしましょう。
Excelのセーフモード
これで、Excelがセーフモードで起動します。セーフモードでExcelの起動が早かった場合、Excel自体に問題があるということが分かります。

Officeアプリの更新・修復を行ってみる

Microsoft Officeのアプリに関するファイルが破損していることが原因でExcelの起動が遅いというケースもあります。この場合は、Officeアプリの更新・修復を行いましょう。

「アカウント」をクリック
ウィンドウ左上の「ファイル」タブをクリックしてホーム画面を開いたら、左側メニュー下部の「アカウント」をクリックしましょう。
「更新オプション」ボタンをクリック→「今すぐ更新」をクリック
アカウントの項目一覧に表示されている「更新オプション」ボタンをクリックしてメニューを開き、「今すぐ更新」をクリックしましょう。これでExcelの更新を行い、更新完了後にExcelを再起動して起動速度が早くなったかどうか確かめてみましょう。
「設定」をクリック
もし最新のバージョンで更新出来ない場合は、修復を試してみます。デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」をクリックしましょう。
「アプリ」をクリック
「Windowsの設定」ウィンドウが表示されるので、「アプリ」をクリックしましょう。
「変更」ボタンをクリック
インストールされているアプリの一覧が表示されているので、「Microsoft Office」をクリックして展開して「変更」ボタンをクリックしましょう。
「クイック修復」を選択し「修復」ボタンをクリック
「Officeプログラムをどのように修復しますか?」と尋ねられるので、「クイック修復」を選択して「修復」ボタンをクリックしましょう。「クイック修復を開始してもよろしいですか?」と表示されたら再度「修復」ボタンをクリックすることで修復が行われますよ。

アドインが原因かどうか確かめてみる

Excelに導入している拡張機能のアドインが原因で、Excelの起動が遅い状態になっている可能性もあります。この場合はアドインを無効化してみましょう。

「ファイル」タブをクリック
まずはExcelを起動して、ウィンドウ左上の「ファイル」タブをクリックします。
「オプション」をクリック
ホーム画面が表示されるので、左側メニュー最下部の「オプション」をクリックしましょう。
「アドイン」をクリック→「管理」プルダウンメニューから「Excelアドイン」を選択し「設定」ボタンをクリック
「Excelのオプション」ウィンドウが表示されるので、左側メニューの「アドイン」をクリックします。アドインの一覧が表示されるので、ウィンドウ下部の「管理」プルダウンメニューから「Excelアドイン」を選択して「設定」ボタンをクリックしましょう。
「有効なアドイン」のチェックボックスをすべてオフにしてから「OK」をクリック
「アドイン」ウィンドウが表示されるので、「有効なアドイン」のチェックボックスをすべてオフにしてから「OK」をクリックしてアドインを無効化します。あとは一度Excelを再起動しましょう。もし再起動時にExcelの立ち上がり速度が早かった場合はアドインが原因だと断定できます。

あとは再び「アドイン」ウィンドウを開き、一つずつチェックボックスを有効にしてExcelを再起動してみて、どのアドインが起動を遅くしているのか特定作業を行いましょう。