Windows10で右クリックの挙動が遅い場合の対処法!

Windows10で右クリックの挙動が遅い場合の対処法!

Windows10のパソコンで、デスクトップ画面やエクスプローラーで右クリックの挙動が遅い・メニューが開かないと感じて困ってしまったことはありませんか?この記事では、Windows10で右クリックの挙動が遅い場合の対処法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. Windows10で右クリックの挙動が遅い
  2. Windows10で右クリックの挙動が遅い場合の対処法

Windows10で右クリックの挙動が遅い

Windows10のパソコンを使っていて、デスクトップ画面やエクスプローラー上で右クリックすると、右クリックメニュー(コンテキストメニュー)の表示が遅いため困ってしまったことはありませんか?

右クリックの挙動が遅い場合は、エクスプローラーの設定を変更したりレジストリを編集することで改善することができますよ。この記事では、Windows10で右クリックの挙動が遅い場合の対処法をご紹介していきます。

Windows10で右クリックの挙動が遅い場合の対処法

エクスプローラーでの操作が重い場合の対処法

エクスプローラーで右クリック時の操作が遅い場合やファイルを新規作成しようとしたとき・ファイル移動時に重いと感じる場合は、フォルダーオプションから設定を変更して動作を改善させることができます。

エクスプローラーの「ファイル」をクリックしてメニューを開き、「フォルダーと検索オプションの変更」をクリック
エクスプローラーを起動したら、ウィンドウ上部の「ファイル」をクリックしてメニューを開き、「フォルダーと検索オプションの変更」をクリックしましょう。
フォルダーオプション
フォルダーオプションが表示されます。「全般」タブの「プライバシー」に表示されている項目の「最近使ったファイルをクイックアクセスに表示する」と「よく使うフォルダーをクイックアクセスに表示する」のチェックボックスをオフにしましょう。その後、「エクスプローラーの履歴を消去する」項目の「消去」ボタンをクリックすることでエクスプローラーの履歴を削除してから「OK」をクリックしてフォルダーオプションを閉じましょう。

ファイルやフォルダがクイックアクセスへ登録されることがが影響していて右クリックなどのファイル操作が遅くなってしまう場合は、この方法でクイックアクセス機能を停止して動作を改善させることができます。また、エクスプローラーの履歴が溜まっていることが動作が遅い原因になっている場合は履歴を消去することで動作が軽くなりますよ。

また、下記リンク先の記事「Windows10のエクスプローラーが遅い場合の対処法5選!」では、エクスプローラーでの動作が遅い場合の対処法を説明しています。こちらもぜひご覧ください。

Windows10のエクスプローラーが遅い場合の対処法5選!

Windows10でエクスプローラーの動作が遅いと感じたことはありませんか?ファイル操作にはエクスプローラーを使うため、エクスプローラーの動作が遅いとイライラしますよね。この記事では、Windows10のエクスプローラーが遅い場合の対処法をご紹介しています。

Thumb

レジストリを編集してコンテキストメニューの項目を減らす方法

デスクトップ画面の何もないところで右クリックしたときにコンテキストメニューの表示が遅い場合は、コンテキストメニューに表示されている項目に原因がある可能性が高いです。

コンテキストメニューの「グラフィックス・プロパティ」「グラフィックス・オプション」
コンテキストメニューに「グラフィックス・プロパティ」や「グラフィックス・オプション」といった標準のメニュー以外の項目が表示されていると、右クリックしてコンテキストメニューを開くのに時間がかかってしまいます。

この場合は、レジストリを編集して標準メニュー以外のコンテキストメニュー項目を削除することで右クリック時のコンテキストメニューの表示を早くすることができます。

「ファイル名を指定して実行」に「regedit」と入力して「OK」をクリック
「Windowsキー+Rキー」の同時押しで「ファイル名を指定して実行」を呼び出し、「regedit」と入力して「OK」をクリックしましょう。
レジストリエディターから「HKEY_CLASSES_ROOT¥Directory¥Background¥shellex¥ContextMenuHandlers」へ移動→「igfxDTCM」を右クリックメニューから削除
レジストリエディターが起動したら、アドレスバーか左側のフォルダツリーから「HKEY_CLASSES_ROOT¥Directory¥Background¥shellex¥ContextMenuHandlers」へ移動して、「igfxDTCM」を右クリックメニューから削除しましょう。

これでコンテキストメニューから「グラフィックス・プロパティ」と「グラフィックス・オプション」の2項目が削除され、右クリック時のコンテキストメニュー表示が早くなりますよ。