Windows10でjpegをPDFに変換する方法3選!

Windows10でjpegをPDFに変換する方法3選!

Windows10でjpeg画像をPDFに変換する方法はデフォルトの機能やフリーソフト・更にはインターネットサービスで変換といったように複数存在しています。この記事では、Windows10でjpeg画像をPDFに変換する方法を3選ご紹介しています。


目次[非表示]

  1. Windows10でjpegをPDFに変換する方法3選!
  2. まとめ

Windows10でjpegをPDFに変換する方法3選!

みなさんはjpeg画像をPDF化したいと思ったことはないでしょうか?

PDFアイコン

jpeg画像をPDFに変換することで、複数の画像を1枚のPDFファイルにまとめることができます。変換したPDFファイルはWindows以外のOS・スマホなどパソコン以外のデバイスでも文章として取り扱うことが可能になります。

また、jpeg画像にテキストが混ざっている場合、画像ではなくテキストとして変換し、画像は高画質のままPDF化することが可能です。

それでは、Windows10でjpegをPDFにする方法をご紹介していきます。

Microsoft Print to PDFを使ってPDF化する

Microsoft Print to PDFのアイコン

Windows10のパソコンには「Microsoft Print to PDF」という仮想プリンターが標準で搭載されています。この機能を使うことで、画像を簡単にPDF化することができますよ。

※仮想プリンターとは、その名の通りパソコン上にのみ存在する仮想のプリンター機能です。Windows7など以前のバージョンではフリーソフトなどで仮想プリンターを導入する必要がありましたが、Windows10ではその必要がなくなりました。

PDF化したいjpeg画像を選択して右クリック
それでは、PDF化したいjpeg画像を選択して右クリックしましょう。
右クリックメニューの「印刷」をクリック
右クリックメニューの「印刷」をクリックして印刷画面を呼び出します。
プリンターの項目で「Microsoft Print to PDF」を選択
画像の印刷ウィンドウが表示されたら、プリンターの項目で「Microsoft Print to PDF」を選択します。表示されているプレビューを確認してOKであれば「印刷」ボタンをクリックしましょう。
「印刷結果を名前を付けて保存」ウィンドウが表示
「印刷結果を名前を付けて保存」ウィンドウが表示されます。ファイル名を入力したら「保存」ボタンをクリックすればjpeg画像がPDF化されて保存されますよ。
PDF化したい画像をドラッグやCtrlキーを押しながら左クリックして複数選択して、右クリックメニューの「印刷」をクリック
複数のjpeg画像をPDF化してまとめる場合は、PDF化したい画像をドラッグやCtrlキーを押しながら左クリックして複数選択して、右クリックメニューの「印刷」をクリックしましょう。
画像ファイルが選択した順に並びます
画像ファイルが選択した順に並びます。このまま印刷することで複数のjpeg画像を1つのPDFにまとめることができますよ。

下記リンク先の記事でもMicrosoft Print to PDFについてご紹介していますので、ぜひご覧ください。

Microsoft Print to PDFとは?仮想プリンターを使ってPDFとしてダウンロードしよう!

Windows10には「Microsoft Print to PDF」という仮想プリンターが搭載されており、WebページなどをPDF化して保存できます。この記事では、Microsoft Print to PDFを使ってPDF印刷保存する方法を説明しています。

Thumb

Microsoft Print to PDF

  • Windows10標準の仮想プリンター
  • 右クリックメニューの印刷からすぐにPDF化できる
  • プログラムを追加せずすぐにPDF化したい人向け

フリーソフト「画像梱包」でjpeg画像をPDF化する

画像梱包のダウンロードページ
jpeg画像をPDF化できるフリーソフトも様々な種類のものが存在しています。この記事では、jpeg画像だけでなくpng・bmpなどの画像形式にも対応している一括PDF化ソフト「画像梱包」でjpegをPDFに変換してみます。

下記リンク先はVectorのダウンロードページですので、移動して画面下部の「ダウンロードページへ」ボタンをクリックしましょう。
画像梱包の詳細情報:Vector ソフトを探す!
pic2pdf.exeの起動画面
画像梱包をダウンロードしたファイルを解凍したら「pic2pdf.exe」を起動しましょう。画像のウィンドウが表示されるので、このウィンドウにjpeg画像をドラッグ&ドロップします。jpeg画像をまとめてPDF化したい場合は、ファイルを複数選択してドラッグ&ドロップしましょう。
「名前を付けて保存」ウィンドウが表示されるので、ファイル名を入力して「保存」ボタンをクリック
「名前を付けて保存」ウィンドウが表示されるので、ファイル名を入力して「保存」ボタンをクリックすればPDFに変換が行われます。

画像梱包を使えば素早くjpeg画像のPDF可が行えるだけでなく、PDFのタイトルや作成者の名前を入力することができたり、画像の配置方法を選択するといった事が行えるだけでなくパスワードをかけることもできます。

セキュリティを気にする人にはありがたい機能ではないでしょうか。

画像梱包

  • 複数の画像をまとめてPDF変換できるフリーソフト
  • 複数枚同時変換のスピードは早めで、jpeg画像以外の画像ファイルも扱うことができる
  • 素早く画像をまとめてPDF化したい人向け

オンラインサービス「Smallpdf」でjpeg画像をPDF化する

WEB上のjpeg画像をPDF化してくれるサービス
インターネット上には、無料でjpeg画像をPDF化してくれるオンラインサービスが複数存在しています。オンラインサービスはサーバー上で変換処理を行うため、パソコンのスペックに依存しないのがメリットです。

今回は、高画質・画像内テキストの高精度テキスト化で人気の「Smallpdf」でjpegをPDFに変換してみます。下記リンク先からSmallpdfサイトに移動してみましょう。

smallpdf.com - 無料 PDF の変換はこちらでどうぞ!
「JPEG PDF変換」をクリック
中央に表示されているメニュー一覧の真ん中に表示されている黄色のボタンが「JPEG PDF変換」なので、これをクリックします。
中央に黄色いドロップフォームが表示されているのでここにPDF化したいjpeg画像をドラッグ&ドロップ
JPEG PDF変換ページに移動すると、中央に黄色いドロップフォームが表示されているのでここにPDF化したいjpeg画像をドラッグ&ドロップするか、「ファイル選択」ボタンをクリックしてjpeg画像を選択します。
画像のプレビューが表示され、プレビュー一覧に画像をドラッグ&ドロップで追加するか「イメージファイルを追加してください」をクリック
画像のプレビューが表示されます。プレビュー一覧に画像をドラッグ&ドロップで追加するか「イメージファイルを追加してください」をクリックすることで、複数の画像を1枚のPDFにまとめることもできますよ。

プレビューの下に表示されているボタンは、左からPDFのサイズ・表示形式・マージン(上下左右の余白)となっています。特に問題がなければこれらのボタンはデフォルトのままでOKです。「PDFが作成されました」ボタンをクリックすることでPDFに変換されますよ。

変換が完了するとページが移動するので、ダウンロードボタンをクリックすればPDFをダウンロードできる
変換が完了するとページが移動するので、ダウンロードボタンをクリックすればPDFをダウンロードすることができますよ。また、クラウドストレージのDropboxやGoogleDriveに対応しており、それぞれボタンをクリックすることで選んだクラウドストレージにファイルを保存することができます。

Smallpdf

  • 画像内テキストを高精度で拾う人気のオンラインサービス
  • ドラッグ&ドロップで簡単画像追加・複数の画像をまとめてPDF化できる
  • PCに左右されずにPDF変換を行いたい人向け

まとめ

Windows10でjpegをPDFに変換する方法3選!いかがでしたでしょうか?

jpeg画像をPDFに変換すると、複数の画像を高画質で1枚のPDFにまとめることができるほか、画像内のテキストを実際のテキストとして抽出することもできます。PDFファイルはあらゆるデバイスで利用可能なので、家ではパソコン・外出先ではタブレットやスマホで閲覧するといった事もできますよ。

今回はWindows10のデフォルト機能である「Microsoft Print to PDF」・フリーソフト・インターネットサービスを用いてjpeg画像をPDF化する方法をご紹介しました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

もしjpegをPDFに変換するだけでなく、書き込みなどの様々な編集を行いたいという場合には「PDFelement」もおすすめですよ。無料で導入することができるので、試してみてはいかがでしょうか?

[公式]PDF編集はこれ1本でOK!| Wondershare PDFelement (PDFエレメント)

関連記事