LINEの初期設定はどこから?やり方とおすすめの初期設定をご紹介!

LINEの初期設定はどこから?やり方とおすすめの初期設定をご紹介!

LINEは初期設定を行っておくことでセキュリティを充実させて便利に使用できるようになるのですが、どこから初期設定すればいいのか分からないという声をよく耳にします。この記事では、LINEの初期設定はどこからするのか、やり方とおすすめの初期設定をご紹介します。


目次

  1. LINEの初期設定とは
  2. まずはLINEをインストールして新規登録
  3. LINEの初期設定はどこから行う?
  4. LINEの初期設定でやっておくべきこと!
  5. まとめ

LINEの初期設定とは

スマホのコミュニケーションアプリでメジャーなものといえば「LINE」です。既にLINEを使用しているユーザーはともかく、これからLINEを始めようという人にとっては、どうやってLINEを始めればいいのか分かりにくいですよね。

またLINEは便利な反面、インターネット上ではトラブルの話などもよく見かけるため導入に不安を覚える人も多いかと思われます。

ですが安心してください。初期設定をしっかり行うことで、セキュリティを安全に強化したり、友だちの追加でトラブルが発生しないようにすることが可能です。

今回は、LINEの導入方法からどこからやればいいのか分からない初期設定のやり方、設定しておくべき項目についてご紹介します。

まずはLINEをインストールして新規登録

AndroidとiPhoneのストアリンクを上記に用意したので、端末に合ったストアからLINEアプリをダウンロード・インストールしてくださいね。インストールが完了したらアプリを立ち上げましょう。

LINE(ライン) - 無料通話・メールアプリ - Google Play のアプリ
「LINE」をApp Storeで

起動したら、画面下部にある「新規登録」をタップします。

電話番号の入力画面が表示されるので、電話番号を入力して「番号認証」をタップしましょう。
 

もしFacebookのアカウントがある場合はFacebookアカウントで登録することもできますが、電話番号を登録しないと電話番号検索など一部の機能に制約がかかってしまいます。

SMSで認証コードが通知されるので、利用登録画面で認証コードを入力して「次へ」をタップします。

自分の名前、プロフィール画像の登録画面になります。最初はプロフィール画像がなくても名前だけ入力すればOKです。

ここで注意したいのが、登録ボタンの上にある「友だち自動追加」「友だちへの追加を許可」のチェックボックスです。

これらをオンにしておくと、あなたのスマホの電話帳に登録してある人からLINEユーザーを探して自動的に友だちリストに加えてしまいます。

また、あなたの電話番号を電話帳に登録している人の友だちリストにも登録されてしまうので、自動で登録したくない人はオフにしましょう。

LINEの初期設定はどこから行う?

LINEを登録した後に初期設定を行いたくても、どこに設定メニューの場所があるのか分かりづらいというのをよく耳にします。

LINEアプリを立ち上げたら、「友だち」タブの右上にある歯車のボタンをタップしましょう。この歯車のボタンが、設定メニューを開くボタンとなっています。

設定メニューから、プロフィールを充実させたりセキュリティを強化しておきましょう。

LINEの初期設定でやっておくべきこと!

設定メニューの各種項目から、初期設定としてやっておくべきことをご紹介します。

プロフィールを記入しよう

プロフィールメニューでは、自分のプロフィール画像や名前・ステータスメッセージ(一言メッセージのようなもの)を入力できます。名前は本名・ニックネームのどちらでも問題ありません。ニックネームにしたけどやっぱり本名のほうがいい…という場合は自由に変更することができます。

項目にある「ID」というのは、「LINE ID」です。IDを設定しておくと、友だちに登録してもらう際にIDを教えることで簡単に登録することができるので便利です。ただしIDは一度決めたら変更することができないので、適当に決めないように注意しましょう。

もしIDがなかなか決まらなくて悩んでいる場合は、下記の記事を参考にしてみてくださいね。

LINEのIDの決め方!悩んでいる方必見!かっこいいの/可愛いの

今話題のSNS「LINE」では自分だけの IDをつけることができます。人に見られることの多いIDは「どんなのにしたらいいんだろう」と悩んでしまいます。そこで今回は、LINE IDの決め方の方法をご紹介します。決め方をバッチリマスターしてIDをつけてみましょう!

Thumb

セキュリティを高めよう

アカウントメニューでは、電話番号やメールアドレス・パスワードを登録することができます。メールアドレスとパスワードを設定して、セキュリティを強化しましょう。

また、Facebookアカウントをお持ちの方はFacebookと連携することができます。Facebookアカウントと連携すると認証やデータの引き継ぎをFacebookアカウントで行うことができるので便利ですよ。

LINEとFacebookのアカウントを連携させよう!

LINEのアカウントは、Facebookで使っているアカウントと連携させることが可能です。Facebookと連携することで、機種変更時などに役立つメリットが存在します。この記事では、LINEとfacebookアカウントの連携について説明しています。

Thumb

プライバシー管理メニューでは、LINEにロックをかけられる「パスコードロック」や、友だち以外からのメッセージの受信を拒否する「メッセージ受信拒否」が設定できます。

こちらも設定を行っておくと安心です。

LINEで知らない人からメッセージが!受信拒否する方法!

LINEで知らない人からメッセージが送られてくると不安になりませんか?もしかしたらスパムアカウントかもしれないので、メッセージが届くだけで危険な印象がありますよね。この記事では、LINEで知らない人からメッセージが来ないように受信拒否する方法を説明しています。

Thumb

もっとLINEのセキュリティを強化したいという方は、下記の記事も併せてご覧ください。

LINEのセキュリティを強化する設定をして安全に利用しよう!

皆様は、LINEのセキュリティについて意識したことはありますか?LINEは便利なアプリですが、過去に詐欺やスパムなどの問題が発生しているので、初期設定のままだと不安が残ってしまいます。この記事では、LINEのセキュリティを強化する設定について説明しています。

Thumb

年齢認証をしておこう

年齢確認メニューで、年齢認証を行うことができます。年齢認証を行うことでID検索ができるようになるので認証しておきましょう。

自分の契約しているキャリアを選ぶとキャリアのページに移動するので、指示された操作を行うことで年齢認証が可能です。

LINEで年齢確認を行い年齢制限のかかっている機能を解除しよう!

LINEでID検索をしたいのに何故かできないという方はいませんか?実はID検索の機能を利用するには年齢確認をする必要があります。今回はLINEの年齢確認をする方法をお伝えします。すぐにできるのでまだの方は是非お試しください!

Thumb
LINEの友達自動追加とは?設定をオフにする方法もご紹介!

LINEには友達自動追加機能があり、アドレス帳の友達がLINEユーザーの場合自動で登録してくれるので便利です。友達への追加の許可をオフにして自動追加されないようにすることも可能です。この記事では、友達自動追加機能と友達への追加の許可設定について説明しています。

Thumb

電話帳との同期

友だちメニューにある「友だち自動追加」をオンにしておくと、電話帳に登録している人がLINEを登録した時に自動的に友だちリストに追加するようになります。

また、「友だちへの追加を許可」をオンにすることで、他の人があなたの電話番号を電話帳に登録している際に自動で追加したり、検索したりすることができるようになります。

まとめ

LINEの初期設定はどこから?やり方とおすすめの初期設定をご紹介!いかがでしたでしょうか。

LINEをを利用する時に、初期設定を行っておかないと後々トラブルが起きる可能性があります。記事で説明した設定のやり方を参考にして、LINEの初期設定をしてみてくださいね。


関連記事