LINEでトークを非表示にする方法を解説!見られたくない/解除・復活/ブロックとの違い

LINEでトークを非表示にする方法を解説!見られたくない/解除・復活/ブロックとの違い

誰かに見られたくないLINE履歴、ありませんか?見られたら嫌だけど自分では見返したい、そんな時ってありますよね。実はLINEのトークは簡単に非表示にすることができるんです!今回はそんなLINEのトークを非表示にする方法をご紹介します。


目次

  1. LINEでトークを非表示にする
  2. LINEでトークを非表示にする方法
  3. 非表示にされたトークを戻す・復活する方法
  4. LINEの非表示とブロックの違い
  5. LINEの非表示は優秀だった!

LINEでトークを非表示にする

LINEではトーク履歴を非表示にすることができます。

「LINEの非表示って何?削除やブロックとどう違うの?」と思う方もいると思います。

LINEの非表示とは、今まで会話してきたトークや誰かに見られたくない友だちをリストから、隠す(シークレットにする)ことができるのです。

例えば「浮気相手とのLINE履歴を恋人に見られたらまずい!見られたくない!」そんな時にもこの非表示機能で簡単に隠すことができてしまいます。

また、「色々な人と友達になって増えてきちゃったな…整理したいな」そんな時も、あまり会話をしない人を非表示にして隠してしまうことで、友達リストを整理することができます。

今回はそんなLINEで、トークや友達を隠す方法…非表示・再表示の方法、復活・解除はできるのか!?ブロックとはどう違うの?ということを解説していきたいと思います。

LINEでトークを非表示にする方法

それでは早速LINEのトークを非表示にする方法をご紹介します。やり方はとっても簡単です!

非表示の画像
非表示にしたい相手のトークを見つけたら、トーク履歴を左にスライドしましょう。すると、「非表示」と「削除」が表示されますので、非表示を選択します。

この時に、「削除」を選択してしまうと履歴が全て削除されてしまいますので注意してください。
非表示ポップアップ
非表示を選択すると「トーク内容は削除されません」というポップアップが出てきますので、ここも非表示を選択します。

これでトーク画面からトーク履歴が一時見れない状態「非表示」となります。

非表示にされたトークを戻す・復活する方法

一度非表示にしたトークでもまた見返したい時や、また連絡を取りたい時もありますよね。

そんな時でも大丈夫です、トークの非表示はブロックとは違うのでまた元に戻す(再表示)ことができます。

方法はとても簡単で、友達リストの中から連絡の取りたい相手を選びトーク画面を開くだけです!

友達が非表示にされたり履歴が削除されたわけではないので、友達リストから相手を選択することで、再度トーク画面が復活します。

LINEの非表示とブロックの違い

LINEでトークの非表示にする方法をご紹介してきましたが、次にご紹介するのが「友達リストから非表示にする方法」です。

LINEの友達リストは昔の友達や、誰だか知らないけど友達になっていた、というように気づいたらどんどんリストの中に友達が増えているということも少なくありません。

特に友達を自動追加していると、一層知らない間にLINE上で友達が増えていきます。

LINEの友達自動追加とは?設定をオフにする方法もご紹介!

LINEには友達自動追加機能があり、アドレス帳の友達がLINEユーザーの場合自動で登録してくれるので便利です。友達への追加の許可をオフにして自動追加されないようにすることも可能です。この記事では、友達自動追加機能と友達への追加の許可設定について説明しています。

Thumb

そんな時に友達リストを整理するために非表示機能で隠してしまえば簡単にリスト内を整理することができるのです。

でも非表示にしてしまったらもう友達じゃなくなってしまうの?それってブロックじゃないの?と思う方もいると思います。

そこで今回はリストの非表示・再表示の方法とブロックの違いについて紹介します。

友達リストの非表示

友達の非表示
非表示にする方法は簡単です。先ほどのトークと同様に、非表示にしたい友達を左にスライドさせて非表示ボタンをタップするだけ!

ブロックとは違うので相手から連絡がきた場合は、ちゃんとトーク画面に表示されます。タイムラインも、もちろん表示されます。

例えば、浮気相手を隠す(シークレット)為にしたとしても相手からメッセージが送られてきたらまた自動的に再表示されてしまうので注意が必要です。

友達リストの再表示

非表示までの手順画像
簡単に復活・解除をすることもできます。まずは友達リストへ行き、左上に表示されている「歯車マーク」をタップします。すると設定が開かれるので、下にスクロールしていくと「友だち」という項目があるのでタップします。
非表示までの手順画像
「友だち」の中でさらに下へ行くと、「非表示リスト」という項目があるのでタップします。
 
非表示までの手順の画像
リストの中へ移動すると、今まで自分が非表示にして人が出てきますので、再表示したい人を編集から再表示にすれば、非表示は解除され、友だちリストに復活します。

非表示とブロックの違いとは?

次にLINEの非表示とブロックの違いについてチェックしてみましょう。

非表示は一時的に表示からなくす、トークや友だちを隠す(シークレットにする)方法です。非表示の時点ではトーク履歴も勿論残っていますし、相手からトークが送られてくればトークへ再表示され戻すことができます。

一方でブロックは一時的にではなく「トーク履歴やリスト上から消してしまいたい・もう連絡を一切取らなくてもいい」と言った場合に使用することが多いです。

相手をブロックし削除してしまうと、トーク履歴は見ることはできませんし、相手からトークが送られてきてもこちら側に通知が来ることはありません。

またLINEでは自分がブロックされているか確認する方法があります。詳細については下記の記事で解説していますので、ぜひ一度見てみて下さい。

LINEで自分がブロックされているか確認する方法!

LINEのブロック機能は嫌な人と距離を離すのに便利ですが、自分も他の人にブロックされていないか不安になりますよね。実はブロックされているのか確認する方法があります。この記事では、LINEでブロック自分がブロックされているかどうか確認する方法を説明しています。

Thumb

非表示とブロックの違い

  • 非表示…トークを見返したり、相手からトークの通知を受け取ることができる
  • ブロック…削除してしまうとトークが見返せない、相手からの通知を受け取ることができない

LINEの非表示は優秀だった!

いかがでしたか?非表示機能にはごちゃごちゃしてしまったリストを整理整頓したり、見られたくないトークを隠す(シークレットにする)ことができる、などの利点が多くありましたね。

この機能のおかげで浮気相手とのLINEを隠して逃れてきた方も多くいるかもしれません…。だからと言って、浮気は後戻りできなくなる可能性もあるので注意が必要です!!

話は逸れましたが、非表示機能は「ブロック・削除・浮気」のように後戻りできない機能ではなく、簡単に消す・戻すを行える便利な機能なので、是非とも気軽に試してみてくださいね!


関連記事