SDカードのファイルやデータが削除できない原因と対処法は?

SDカードのファイルやデータが削除できない原因と対処法は?

SDカードに保存しているファイルやデータをパソコンで削除しようとしたら、何故か削除できないなど操作が一切行えなくなってしまい困ってしまったことはありませんか?この記事では、SDカードのファイルやデータが削除できない原因と対処法についてご紹介しています。


目次[非表示]

  1. SDカードのファイルやデータが削除できない
  2. SDカードのファイルやデータが削除できない原因と対処法は?

SDカードのファイルやデータが削除できない

SDカード内に保存したファイル・各種データをパソコンで削除しようとしたら、何故か削除できなくなってしまったことはありませんか?ファイルを右クリックして右クリックメニューに「削除」項目が無かったり、エクスプローラーの削除ボタンが動作しない・Deleteキーを押しても反応しないといった状態になり、削除操作が一切できないと困ってしまいますよね。

この記事では、SDカードのファイルやデータが削除できない原因と対処法についてご紹介していきます。

SDカードのファイルやデータが削除できない原因と対処法は?

SDカードのロックスイッチが有効になっている場合

SDカードには、左側の側面にロックスイッチというセーフティー機能が用意されています。このロックスイッチが有効になっている(LOCK側にスイッチが入っている)とファイルへの操作が行えなくなってしまうので、有効になっている場合はスイッチをLOCKからアンロック状態へと戻しましょう。

Windowsの自動再生設定を変更してみる

Windows10では、デバイスを接続すると自動再生機能で設定された行動を行います。この自動再生機能の設定がおかしくなっている場合は、一度自動再生設定を変更してみることで解決できる可能性があります。

スタートメニューを開き、「設定」をクリック
デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」をクリックしましょう。
「デバイス」をクリック
「Windowsの設定」が表示されるので、「デバイス」をクリックしましょう。
メニューの「自動再生」をクリック
設定画面が開くので、左側メニューの「自動再生」をクリックしましょう。
自動再生の項目一覧の「自動再生の既定の選択」から「メモリーカード」のプルダウンメニューをクリック
自動再生の項目一覧が表示されるので、「自動再生の既定の選択」から「メモリーカード」のプルダウンメニューをクリックしましょう。
「毎回動作を確認する」をクリック
各項目が表示されるので、「毎回動作を確認する」をクリックして設定しましょう。すでに毎回動作を確認するに設定してある場合は、一度別の設定を選択してから再度設定し直してみてください。

コマンドプロンプトからSDカードの読み取り専用属性を削除してみる

SDカードが読み取り専用属性になってしまっているために、書き込みが行えなくなってしまっているというケースもあります。この場合はコマンドプロンプトからSDカードの読み取り専用属性を解除してみましょう。

スタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開→「コマンドプロンプト」を右クリックして、「管理者として実行」から起動
デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開します。「コマンドプロンプト」を右クリックして、「管理者として実行」から起動しましょう。

コマンドプロンプトが起動したら、「Diskpart」コマンドを入力してEnterキーを押します。次に、「list disk」・「select disk n(nはSDカードのディスクの番号)」・「attributes disk clear readonly」のコマンドを順番に入力しましょう。「ディスクの属性が正しく消去されました。」と表示されれば、SDカードの読み取り専用属性が削除されて書き込みが行えるようになりますよ。

コマンドプロンプトからSDカードの破損チェックを行ってみる

コマンドプロンプトでチェックディスクを行うことのできるコマンド「chkdsk」では、SDカードの破損チェック・修復を行うこともできます。コマンドプロンプトを管理者権限で起動したら、「chkdsk e: /f」とコマンドを入力してEnterキーを押すことでチェックディスクが行われ、もしファイルシステムが破損している場合は修復が行われますよ。

もし「ボリュームが汚れているため、操作を完了できませんでした」というメッセージが表示されてしまう場合は、「chkdsk e: /f/r/x」とコマンドを入力してEnterキーを押し、書き込み保護とダーティービットを削除しましょう。

外付けのSDカードリーダーを使用している場合

USB接続などの外付けのSDカードリーダーを使用している場合は、普段使用しているUSBポート以外のUSBポートに接続してファイル操作できるかどうか確認してみましょう。別のポートで他の機器は動作するのに外付けのSDカードリーダーが反応しないという場合は故障の可能性もあるので、別のSDカードリーダーの購入も考えてみましょう。

SDカードをフォーマットしてみる

デジカメなど別の機器でSDカードを利用している場合は、その機器でSDカードのフォーマットを試してみましょう。ただし、フォーマットするということはSDカードに保存されたファイルやデータを全部削除してしまうということなので、十分注意して行いましょう。