Windows10でBluetoothが消えた・有効にできない場合の対処法!

Windows10でBluetoothが消えた・有効にできない場合の対処法!

Windows10PCを使用中にBluetoothが消えた経験はありませんか?Bluetoothで接続している機器が使えなくなると困ってしまいますよね。この記事では、Windows10でBluetoothが消えた・有効にできない場合の対処法を紹介しています。


目次[非表示]

  1. Windows10でBluetoothが消えた・有効にできない不具合
  2. Windows10でBluetoothが消えた・有効にできない場合の対処法
  3. まとめ

Windows10でBluetoothが消えた・有効にできない不具合

Bluetoothのアイコン

Bluetoothで無線接続しているマウスやキーボードが突然認識しない状態になってしまい、Bluetoothアイコンを見たら「無効です」と表示されており、何故かオンにできないといったケースが発生することがあります。

マウスなどの操作機器が認識しない状態になってしまうとPCも使えないため、困ってしまいますよね。

突然Bluetoothが認識しない状態になる・「無効です」と表示される・アクションセンターのBluetoothをオンにできないといった不具合は、原因が複数あるため対処に困りやすいものです。

そこで今回は、Windows10でBluetoothが消えた・有効にできない場合の対処法をご紹介していきます。

Windows10でBluetoothが消えた・有効にできない場合の対処法

それでは、Windows10でBluetoothが消えた・有効にできない場合の対処法をご紹介します。

Bluetooth機器のバッテリー(電池)が切れていないか確かめる

Bluetooth機器はバッテリー(電池)が必須です。

バッテリーの残量が0になっていれば当然接続が解除されてしまい認識しない状態になるので、まずはバッテリーが切れていないかどうか確認しましょう。

パソコンを再起動する

バッテリー残量が十分にある場合、次に疑うのはWindows10本体です。OSに不具合が発生してBluetoothが使えない可能性があるので、パソコンを再起動してみましょう。

OSの不具合であればこれで解決するので、再起動後にアクションセンターからBluetoothのオン・オフが行えるか確かめてみましょう。

Windows10の再起動の仕方まとめ!ショートカットでの再起動方法も解説!

Windows10の再起動の仕方についてまとめました。スタートメニューから再起動する方法・ショートカットから再起動する方法などWindows10には再起動の仕方がいくつかあります。それぞれのやり方を把握しておきましょう。

Thumb

ドライバーの更新があるかどうか確かめる

パソコンに接続する周辺機器は「ドライバー」というプログラムを用いて動かすことができるのですが、このドライバーに不具合が起きる場合があります。

この場合はドライバーを更新してみましょう。

デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開して「コントロールパネル」をクリック
デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開して「コントロールパネル」をクリックしましょう。
「大きいアイコン」に変更してから一覧の「デバイスマネージャー」をクリック
コントロールパネルが表示されたら、ウィンドウ右上の表示方法が「カテゴリ」だとデバイスマネージャーが表示されないので、「大きいアイコン」に変更してから一覧の「デバイスマネージャー」をクリックします。

デバイスマネージャーにBluetoothが表示されない場合は「表示」→「非表示のデバイスの表示」で表示させることができます。

Bluetoothを右クリックして「ドライバーの更新」を選択
Bluetoothを右クリックして「ドライバーの更新」を選択してドライバーの更新があるかどうか確かめてみましょう。

更新がある場合は自動でインストールされるので、インストールが完了したらパソコンを再起動しましょう。

もし再起動してもドライバがうまく認識しない場合は、完全なシャットダウンを行ってみましょう。

スタートメニューの電源ボタンをクリックしてシャットダウンメニューが表示されたら、Shiftキーを押しながらシャットダウンをクリックすることで完全なシャットダウンが行えます。シャットダウン後に再起動してみましょう。

Windows Updateの更新があるかどうか確かめる

Windows10の更新でBluetoothに不具合が発生して有効にできない場合は、Windows Updateの更新が来れば元通りに戻る可能性が高いです。更新があるかどうか確かめてみましょう。

デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」ボタンをクリック
デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」ボタンをクリックします。
Windowsの設定ウィンドウが表示されるので、「更新とセキュリティ」をクリック
Windowsの設定ウィンドウが表示されるので、「更新とセキュリティ」をクリックしましょう。
設定画面が表示
設定画面が表示されます。

左側メニューの「Windows Update」をクリックすると右側にWindows Updateの詳細が表示されるので、「更新プログラムのチェック」ボタンをクリックしましょう。更新がある場合は自動的にインストールが行われるので、インストールが完了したら再起動しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Windows10でBluetoothが消えた・有効にできない場合の対処法をご紹介してきました。

いきなり使えなくなり焦っていしましますが、対処法を1つ1つ確認してみて原因をつきとめていきましょう。