Windows10でWi-Fiに自動接続されない場合の対処法!

Windows10でWi-Fiに自動接続されない場合の対処法!

Windows10のパソコンで、無線LAN(Wi-Fi)を使用していて自動接続されないため毎回手動で設定している方もいらっしゃるかと思います。この記事では、Windows10で無線LAN(Wi-Fi)に自動接続されない場合の対処法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. Windows10でWi-Fiに自動接続されない問題
  2. Windows10でWi-Fiに自動接続されない場合の対処法

Windows10でWi-Fiに自動接続されない問題

Windows10のパソコンを使用していてWi-Fiでインターネットに接続しているユーザーの方で、Wi-Fiに自動接続されないために毎回Wi-Fiを手動設定しているという方もいらっしゃるかと思います。通常であればWi-Fiには自動接続されるので、毎回パスワードの入力を行わなければいけないのは面倒ですよね。

この記事では、Windows10で無線LANに自動接続されない場合の対処法をご紹介していきます。

Windows10でWi-Fiに自動接続されない場合の対処法

高速スタートアップを無効にする

Windows10には「高速スタートアップ」という機能があり、シャットダウン時の状況をメモリなどに一時的に保存して次回のPC起動を高速化することができます。しかし、この機能のためにトラブルが発生することもあり、Wi-Fiが接続できない場合の原因の一つとしてこの高速スタートアップが関係していることがあります。この場合は、高速スタートアップを無効化しましょう。

スタートボタンをクリックして開き、「電源」をクリック
高速スタートアップを無効化してPCを終了するには、デスクトップ画面左下に表示されているスタートボタンをクリックして開き、「電源」をクリックしましょう。
Shiftキーを押しながら「シャットダウン」をクリック
電源メニューが表示されたら、Shiftキーを押しながら「シャットダウン」をクリックしましょう。これで、高速スタートアップを一時的に無効化してパソコンを完全にシャットダウンさせることができます。

高速スタートアップを完全に無効化したい場合は、下記リンク先の記事をご覧ください。

Windows10の高速スタートアップの無効・有効の変更方法を解説!

Windows10の高速スタートアップの無効・有効の変更方法を解説いたします。そもそも高速スタートアップとは何か、高速スタートアップの問題点を紹介し、その上で高速スタートアップを無効・有効を変更する方法を解説します。

Thumb

無線LANの自動接続設定を確認してみる

Windows10のPCでWi-Fiでインターネット接続を行っている場合、通常であれば登録したアクセスポイントを自動的に検知して接続が行われます。手動で接続するように設定している場合は自動接続できず、毎回パスワードを入力する必要があります。自動接続が行われない場合は、設定を確認しましょう。

スタートメニューを開き、「設定」をクリック
デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」をクリックしましょう。
「ネットワークとインターネット」をクリック
「Windowsの設定」が表示されるので、「ネットワークとインターネット」をクリックしましょう。
「範囲内の場合は自動的に接続する」をオンにする
設定画面が開くので、左側メニューの「接続中のWi-Fi名」をクリックしてWi-Fiの項目一覧を開きます。「範囲内の場合は自動的に接続する」のボタンがオフになっている場合は、クリックして「オン」に変更することで自動接続が行われるようになりますよ。