「オーディオデバイスがインストールされていません」と表示される場合の対処法!

「オーディオデバイスがインストールされていません」と表示される場合の対処法!

Windows10で「オーディオデバイスがインストールされていません」と表示された時の対策をご紹介、Windows10なのにと悩む前に紹介方法で解決できるかも。この方法で解決できれば「オーディオデバイスがインストールされていません」と表示されても安心です。


目次[非表示]

  1. Windows10で音が出ない
  2. サウンドドライバーの確認
  3. サウンドドライバーの修復
  4. まとめ

Windows10で音が出ない

ある日突然「パソコンの音が出ない」「使っている最中に音が消えた」または「オーディオデバイスがインストールされていません」と表示されるとパソコンの故障だと思いすごく焦ります。

  • 買ったばかりのパソコンなのにもう故障?
  • windows10にアップデートしたばかりなの!
と不安になる片もいるかと思いますが、パソコンを修理しなければと悩む前に、まずは音が出ない原因を特定してからでも遅くありません。

そこで今回は音が消えた場合や「オーディオデバイスがインストールされていません」と表示された場合の解決策として、サウンドデバイスの状態を確認して原因を特定する方法サウンドデバイスを修復する方法の2つをご紹介していきます。

修理に出したりサポートに電話する前に、ご自分で簡単に原因を特定して解決できるかもしれませんので、ぜひ紹介する方法を試してみてください。

サウンドドライバーの確認

サウンドドライバーの状態や音が消えた原因を特定する前に、サウンドドライバーの名前を知らなければ何も始まりません。

デスクトップのタスクバーの画面右側にある音声のアイコン
利用しているサウンドドライバーの名前を確認するには、デスクトップのタスクバーの画面右側にある音声のアイコンをクリックします。
スピーカーの右側にサウンドドライバーの名前が表示
すると音声ゲージの上、スピーカーの右側にサウンドドライバーの名前が出てきますので、メモしておきましょう。

パソコンによって使われているサウンドドライバーは異なりますが、今回は「realtek high definition audio」を例として使わせてもらいます。
デスクトップの画面左下にあるWindowsスタートボタンを右クリック
続いてサウンドドライバーの状態を確認していきます。

デスクトップの画面左下にあるWindowsスタートボタンを右クリックしてください。
「デバイスマネージャー」をクリック
次に「デバイスマネージャー」をクリック。
「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」をダブルクリック
デバイスマネージャーを開いたら「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」をダブルクリックして下さい。
「realtek high definition audio」にカーソルを合わせてダブルクリック
先ほど名前を確認したサウンドドライバー「realtek high definition audio」が出てきますので状態を確認します。

「realtek high definition audio」にカーソルを合わせてダブルクリックしてください。
「realtek high definition audio」が有効になっていれば、「このデバイスは正常に動作しています」と表示
「realtek high definition audio」が有効になっていれば、「このデバイスは正常に動作しています」と表示されます。

サウンドドライバーの有効化

「デバイスを有効にする」をクリックし有効化
有効になっていなければ「このデバイスは利用できません。有効にしてください」と表示されるので「デバイスを有効にする」をクリックし有効化してください。

デフォルトでは有効化になっているはずですし、自分では無効化した記憶がない場合でもドライバーの不具合により無効化になるケースもあるようです。

ご利用のサウンドドライバーの状態を確認したうえで、有効になっていない場合は有効化してから、もう1度音声の状態を確認してください。

それでも音声が消えた状態が続くのであれば、いよいよサウンドドライバーの修復が必要となってきます。

サウンドドライバーの修復

サウンドドライバーの修復には、「最新のドライバーをインストールして更新する方法」と「ドライバーをアンインストールして再インストールする方法」の2つがありますので、順番にご紹介していきます。

最新のサウンドドライバーをインストールする

まずはサウンドドライバーの確認手順と同じように

  1. デスクトップ画面の左下にある「windowsキー」を右クリック
  2. 「デバイスマネージャー」
  3. 「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」をダブルクリック
  4. 「realtek high definition audio」をダブルクリック
の順でサウンドドライバーのプロパティ画面を表示してください。

プロパティ画面の「ドライバー」をクリック
プロパティ画面の「ドライバー」をクリック。
「ドライバーの更新」をクリック
「ドライバーの更新」をクリック。
「ドライバー、ソフトウェアの最新版を自動検索」をクリック
「ドライバー、ソフトウェアの最新版を自動検索」をクリックして更新してください。
「このデバイスに最適なドライバーが既にインストールされています」と表示
最新のドライバーがインストールされていれば「このデバイスに最適なドライバーが既にインストールされています」と表示されます。

サウンドドライバーを再インストールする

先ほどご紹介した最新のサウンドドライバーをインストールする方法と同じ手順

  1. デスクトップ画面の左下にある「windowsキー」を右クリック
  2. 「デバイスマネージャー」
  3. 「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」をダブルクリック
  4. 「realtek high definition audio」をダブルクリック
の順でサウンドドライバーのプロパティ画面を表示してください。

サウンドデバイスのプロパティ画面から「デバイスのアンインストール」をクリック
サウンドデバイスのプロパティ画面から「デバイスのアンインストール」をクリックしてください。
デバイスのアンインストール

次にデバイスのアンインストール画面に移り、アンインストールを実行していきますが、必ず「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します。」のチェックは入れないようにしてください。

チェックを入れた状態でドライバーをアンインストールしてしまうと、再起動時に自動インストールしなくなります。

もしチェックを入れた状態でアンインストールすれば、Realtek社のダウンロードサイトを探して直接インストールし更新する手間が増えるので気をつけましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。音が出ない「オーディオデバイスがインストールされていません」と表示される場合の対処法をお伝えしてきました。

パソコンを利用中に音が消えると誰でもすぐに故障だと勘違いしがちです。

しかしすぐにサポートや修理に駆け込むのではなく、まずはご紹介した方法でサウンドドライバーの状態を確認してください。

ドライバーが無効であれば有効化し、それでも音声不良が続くのであれば最新のドライバーをインストールして、それでも駄目なら再インストール。

簡単に短時間で出来る解決策なので修理に出す前にぜひお試しください。