Windows10のタスクマネージャーでプロセスが表示されない場合の対処法!

Windows10のタスクマネージャーでプロセスが表示されない場合の対処法!

タスクマネージャーが表示されない・おかしい状態になってしまう症状は、ICカードリーダーアプリが原因で発生することがあります。この記事では、Windows10のタスクマネージャーでプロセスが表示されない・おかしい場合の対処法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. Windows10のタスクマネージャーでプロセスが表示されない問題
  2. Windows10のタスクマネージャーでプロセスが表示されない場合の対処法

Windows10のタスクマネージャーでプロセスが表示されない問題

Windows10のパソコンで、タスクマネージャーを開いた時に「プロセス」タブの中身が消える症状が発生してしまうことがあります。通常の場合、プロセスタブにはアプリケーションの一覧が表示されます。Windows上で動作しているアプリケーションを確認したり、プロセスを停止させるためにタスクマネージャーを起動することがほとんどでしょう。

なのにタスクマネージャー表示されないと、アプリケーションがおかしい状態になってしまった場合に困ってしまいますよね。この症状は、ICカードリーダーアプリを導入している際に発生することがあります。この記事では、Windows10のタスクマネージャーでプロセスが表示されない場合の対処法をご紹介していきます。

Windows10のタスクマネージャーでプロセスが表示されない場合の対処法

タスクバーの何もないところで右クリックして、「タスクマネージャー」をクリック
それでは、Windows10のタスクマネージャーでプロセスが表示されない場合の対処法を説明します。まずはデスクトップ画面下部のタスクバーの何もないところで右クリックして、「タスクマネージャー」をクリックしましょう。
タスクマネージャーの「スタートアップ」タブの「snail.exe(またはSnail)」を選択した状態で「無効にする」をクリック
タスクマネージャーが起動します。「プロセス」タブに何も表示されない状態になっていると思いますが、「スタートアップ」タブをクリックして開きましょう。こちらは問題なく各項目が表示されているはずです。スタートアップタブの中から「snail.exe(またはSnail)」を探して、選択した状態でウィンドウ右下の「無効にする」をクリックしましょう。

snail.exeを無効化した後に「詳細」タブから「ICCMon.exe」を停止させましょう。これでプロセスタブが表示されるようになっていれば完了です。もし表示されないままの状態であっても、Windows10を再起動すればプロセスタブが表示されるようになりますよ。

ICカードリーダーを使用する際には、手動でアプリケーションを起動するようにしましょう。