Twitterのフォローリクエストを承認/拒否する手順や通知について解説!

Twitterのフォローリクエストを承認/拒否する手順や通知について解説!

Twitterのフォローリクエストを「承認/拒否」する手順や通知について解説します!Twitterでフォローリクエストと言う言葉がありますが、いまいち意味を知らない人も多いのでは?「手順、通知」について解説しましたので、参考にして頂けたらと思います。


目次

  1. Twitterのフォローリクエスト(フォロリク)とは
  2. フォローリクエストのやり方
  3. フォローリクエストがあるとどうなる!?
  4. フォローリクエストの確認手順
  5. フォローリクエストの承認・拒否の手順
  6. 拒否すると相手に通知が飛んでバレる!?
  7. フォローリクエストを間違えて承認/拒否してしまった場合
  8. まとめ

Twitterのフォローリクエスト(フォロリク)とは

Twitterのフォローは、ユーザーのプロフィール画面で「フォロー」を押すことで行えます。

しかし非公開アカウントは、フォローを拒否しているアカウントなので、通常通りにフォローが出来ず、一度相手にフォローしていいか許可をもらう必要が出てきます。

それが「フォローリクエスト(フォロリク)」と呼ばれるフローになります。フォローしたいユーザーがフォローリクエストを送り、相手に承認される事で無事にフォローが成功するという形となります。
(要はフォローには許可が必要と捉えると分かりやすいかもしれません)

フォローリクエストのやり方

フォロリクのやり方は、特に難しい手順を必要としません。フォロリクしたい相手のプロフィールに行き、通常通りにフォローボタンを押して下さい。フォローボタンを押すと、「保留中」と変化しますので、これでフォロリクは完了しています。

フォロリク中は、自分のアカウントのリストの中には表示されないので、フォロリクをしたアカウントを覚えておくことが大事です。

フォローリクエストがあるとどうなる!?

プロフィールに「フォローリクエスト」が出現します!

フォローリクエストが来た場合は、プロフィールに「フォローリクエスト」が件数と同時に表示されます。プッシュ通知などの設定をしている場合は、スマホ画面上にも通知が来ます。

「>」の部分をタップする事で、誰にフォロリクされたのかが分かります!

フォローリクエストの確認手順

フォローリクエストの確認の手順についてPCとスマホで分けてご紹介します。

PC

ホーム画面の左から、「新しいフォローリクエスト」を押しましょう!

ホーム画面の左のアカウント名の下に、「新しいフォローリクエスト」が出現します。こちらを押すことで、「フォローリクエストの一覧」が表示されます。

フォローリクエストしたユーザーの一覧が表示されます!

フォローリクエストしたユーザーの一覧が表示されますので、どういう対処をするかを決めましょう!

スマホアプリ(iPhone)

プロフィールの「フォローリクエスト」の「>」をタップする!

プロフィールに「フォローリクエスト」が出現しますので、右の「>」をタップしましょう!プッシュ通知の設定をオンにしている場合は、プッシュ通知でフォロリクの申請を知る事が出来ます。

プッシュ通知でフォロリクの申請が来た事を確認し、一覧の画面に移動しましょう!

フォローリクエストしたユーザーの一覧が表示されます!

フォローリクエストしたユーザーの一覧が表示されますので、申請を「許可・拒否」のどちらの対処をするかを決めましょう。

フォローリクエストの承認・拒否の手順

承認する場合

フォローリクエストの一覧で、ユーザーの横の「✓」をタップしましょう!

フォローリクエストの申請の一覧を開き、ユーザーの横の「✓」をタップしましょう。

すると、「あなたをフォローしています」と表示され、フォロリクを許可した事になります。そのまま相手をフォローする場合は、「+」の部分をタップしましょう。

承認されると「フォロー中」と表示されます!

フォロリクの申請が相手に承認されると、「フォロー中」と表示されます。この時点では、まだ相手にはフォローされていません。

拒否する場合

フォローリクエストの一覧で、ユーザーの横の「✖」をタップしましょう!

フォローリクエストの一覧を開いたら、ユーザーの横の「✖」をタップしましょう。

すると、タップしたユーザーが消滅し、一覧から名前が消えます。全てのユーザーを✖にした場合は、「ユーザーは居ません」と表示されます。

フォロリク前の状態に戻ってしまいます!

フォロリクが拒否されると、フォロリク前の状態に戻ってしまいます。

再びフォロリクを送るのも良いですが、そのままでは拒否され続けるのが当然です。

拒否されるだけではなく、何度も繰り返しているとブロックされたり通報される可能性もあるので、諦めた方が良いでしょう。

拒否すると相手に通知が飛んでバレる!?

フォロリクを拒否したとしても、相手に通知が飛んで行く事はありません。ですので、拒否したいユーザーの場合は、容赦なく拒否しても安心です!

フォローリクエストを間違えて承認/拒否してしまった場合

フォローリクエストを承認すると、相手からのフォローを許可した事になります。

フォローを許可した場合は、「フォロー解除」を行なうために、「ブロック」を利用する事になります。相手のプロフィール画面の設定を開いて、「○○をブロックする」を選択しましょう。

ブロックをする事でお互いのフォローを解除する事になりますが、ブロックしたくない相手までブロックしてしまう事になります。フォローを解除したいだけなら、直ぐにブロックを解除しましょう。

まとめ

Twitterのフォローリクエストを「承認/拒否」する手順や通知について解説しましたが、フォローリクエストは、どうしてもフォローしたい非公開アカウントに行うものです。

友達同士の非公開アカウントでフォローし合うのに必要な手順ですので、ぜひ覚えておきましょう。

また友達以外の非公開アカウントに対してフォローリクエストを送る場合は、どうしても承認されたいと言う人はプロフィール欄でアピールし、フォローしたいと言う思いを伝えましょう。

逆に申請された側の場合は、相手のプロフィールをちゃんと確認し、吟味したから対処をするのがベストだと思います。


関連記事