iCloudのストレージ容量がいっぱい・・容量の減らし方・上限の増やし方を紹介!

iCloudのストレージ容量がいっぱい・・容量の減らし方・上限の増やし方を紹介!

iCloudでバックアップをとっていると、どうしてもストレージ容量が足りなくなってしまうことがあります。そんな時には、整理をしたりグレードすることによってストレージの空き容量を作ること必要になります。容量がなくて困っている方は、ぜひ参考にしてください!


目次[非表示]

  1. iCloudのストレージの容量がいっぱいになるとどうなる?
  2. iCloudのストレージの容量の減らし方
  3. 空き容量があるのに「iCloudストレージに十分な空き容量がない」と表示される場合の対処法
  4. iCloudのストレージ容量を増やす方法
  5. まとめ

iCloudのストレージの容量がいっぱいになるとどうなる?

iPhoneやMacなどを使用している方は、ほとんどの方がAppleの純正のサービスである『iCloud』を利用しているのではないでしょうか。簡単に画像やメール、メモや連絡先などのバックアップをとっておくことができますので、機種変更の時にはもちろん、大事なものを間違えて消してしまったりiPhoneが壊れてしまった時にも安心です!

ですが、iPhoneを使用している時に、『iCloudストレージがいっぱいです』という表示が出てしまったことはありませんか?
iCloudで使用できるストレージ容量がいっぱいになってしまうと、当然それ以上の容量を使うことができなくなってしまいますので、バックアップをとろうとしてもできません。

そしてこの状態にしておくと、何度もアラートが表示されたりバックアップをとることができないため、突然故障してしまったりなどの際にはデータは失われ、どうすることもできなくなってしまいます!
また、iCloudのメールを利用できなくなってしまう場合もありますので面倒なことになってしまいますよね…。

iCloudのストレージの容量の減らし方

iCloud内の不要なものを削除する

容量が少ない!いっぱいになってしまった!ということであれば、iCloudのストレージ容量の中からに入っている不要なものを削除するのが1番です。
例えば写真が自動的にiCloudと共有されるようになっていれば、端末のデータフォルダ内の不要な写真を削除していく、もしくはiCloudとの共有をオフにして自分Cloudの容量の中に入っている不要なものを削除して整理するのが1番です。

例えば写真が自動的にiCloudと共有されるようになっていれば、端末のデータフォルダ内の不要な写真を削除していく、もしくはiCloudとの共有をオフにして自分の選んだものだけをiCloudに同期させるという方法にすれば、使用する容量を減らすことができます!

自動バックアップの設定をオフにする

iCloudの設定
iCloudの設定を確認してみるといろいろな項目があり、オンオフが設定できるようになっています。オンの状態になっていると、それらのアプリは自動でiCloudに共有されます。
なにもしなくても勝手にバックアップを撮ってくれるのでかなり便利ではあるのですが、その分容量を圧迫してしまいますので、必要なものだけオンにするようにしましょう!

パソコンを利用する

iPhone内のもののバックアップは、iTunesを利用することによってPCでもとることができます。少し面倒かもしれませんが、バックアップをとりたいものが多い場合には、特にPCも利用してみてください!

容量を買い足す

最終手段になりますが、iCloudの容量は買い足すことも可能です。
有料のプランにはなってしまいますが、どうしても必要な方は検討してみてください。

空き容量があるのに「iCloudストレージに十分な空き容量がない」と表示される場合の対処法

無視する

iCloudストレージに十分な空き容量がないという表示は、自分でなにか改善しない限り何度も何度も出てきてしまいます。
改善するためには少し時間もかかってしまうかもしれませんし、それまでは無視をするというのも手です。

容量を食っているアプリを調べる

iCloudの設定画面を開き、『容量』をタップ
iCloudのストレージ容量は、細かくチェックすることができます。
iCloudの設定画面を開き、『容量』というところをタップしましょう。
『ストレージを管理』をタップ
『ストレージを管理』というところがありますので、さらにここをタップします。
iCloudストレージの内訳
すると、iCloudストレージ内を見ることができ、どのアプリにどのくらいの容量を使用しているのか確認することができます。
1番上のグラフでは色別にだいたいの使用量を見ることができますし、
iCloudストレージの容量の表示
下にスクロールすると細かく数字まで確認することが可能です!
アプリの削除
容量をとりすぎてしまっているアプリがあれば、そのアプリの共有を無効化したり、データを削除したりすることで解決できます!

iCloudのストレージ容量を増やす方法

ストレージのアップグレード
上記でご紹介したiCloudのストレージ容量の有料プランについてですが、料金だけ見てみると、
  • 50GB…月額130円
  • 200GB…月額400円
  • 2TB…月額1300円
となっています。

ストレージのアップグレードのやり方などについては、以下の記事に詳しくまとめてありますので、ぜひ併せて読んでみてくださいね♪

iCloudの有料でストレージを拡張する場合の料金プランをご紹介!

iCloudの有料でストレージを拡張する場合の料金プランをご紹介します。iCloudは無料で5GBまで利用することが出来ますが、それ以上のストレージを拡張したい場合は月額で有料となります。購入方法や有料にするメリットもあわせて解説していきます。

Thumb

まとめ

今回は、iCloudのストレージ容量について、そして整理の仕方やアップグレードなどについてご紹介しました。
iPhoneは毎日使用するものですし、その分写真やメールなどどんどんデータが増えていってしまうのは当然です。また、データの中には大切なものも多いと思いますので、バックアップをとって大切にしておきたいものです。

iCloudはAppleの提供するサービスですし、iPhoneだけでバックアップをとることができてしまうのでとても便利です。iPhoneの中のデータが大きくなればなるほどiCloudのストレージ容量も足りなくなってしまいますが、そこは必要なものとそうでないものを整理したり、容量を追加で購入して快適に利用していってください!


キーワード一覧