【動画のサムネイルを変更】Media Preview Configurationの使い方を紹介!

【動画のサムネイルを変更】Media Preview Configurationの使い方を紹介!

動画ファイルのサムネイルを設定できる「Media Preview Configuration」。Media Preview Configurationを使えばジャケットのない動画ファイルにもサムネイルを設定できるようになります。今回はその使い方を紹介します。


目次[非表示]

  1. Media Preview Configurationとは?
  2. Media Preview Configurationのインストール
  3. Media Preview Configurationの使い方
  4. Media Preview Configurationの評判
  5. まとめ

Media Preview Configurationとは?

Media Preview Configurationとは動画ファイルのサムネイルを自由にカスタマイズすることができるフリーソフトです。

動画のサムネイルの表示
パソコンで動画ファイルを一覧表示するとこのように動画のサムネイルが表示されます。

サムネイル画像が個別に設定されていない場合、動画の1フレーム目がサムネイルとして設定されるのですが、ここのサムネイル画像を自由に変更できるのがMedia Preview Configurationです。

エンコード作業に時間のかかる処理は一切不要で、サムネイル画像のみ変更できます。慣れてしまえば1分もかからないでしょう

Media Preview Configurationのインストール

Media Preview Configurationはストールして使用するクライアントソフトなので、公式サイトからインストーラをダウンロードしてインストールしましょう。

Media Preview Configuration 公式サイト
[Download Media Preview X.X(バージョン番号)]をクリックしてインストールを入手する
公式サイトは少しわかりにくいですが、アクセスしたページの中央辺りに[Download Media Preview X.X(バージョン番号)]があるので、それをクリックしてインストールを入手します。

インストーラーのダウンロードが完了したら起動します。

インストーラを起動し、言語を選択する
インストーラを起動すると言語選択ウィンドウが表示されますが、日本語ありません。ここではEnglish(United States)を選択した前提で進めていきます。
セットアップウィザードで[Next]を押す
言語選択が完了するとセットアップウィザードが始まります。そのまま[Next]を押しましょう。
[I accept the terms...]にチェックを入れて[Next]をクリック
利用規約が表示されますので[I accept the terms...]にチェックを入れて[Next]をクリックします。
[Next]を押す
次も特に変更する必要はありません。そのまま[Next]を押しましょう。
[Install]を押してMedia Preview Configurationのインストールを完了させる
最後にインストールを開始するかどうかが表示されます。[Install]を押してMedia Preview Configurationのインストールを完了させましょう。
拡張子を設定するオプションの画面で[Sellect All]->[Apply]の順番でクリック
インストールが完了するとサムネイルのカスタマイズを行いたいファイルの拡張子を設定するオプションが表示されます。[Sellect All]->[Apply]の順番でクリックしましょう。mp4を含むあらゆる形式の動画に対応できます。

ここまでできたらインストールと初期設定完了ですのでオプション画面を閉じて大丈夫です。

日本語は非対応

Media Preview Configurationは海外製ソフトで日本語化することはできません。古いバージョンであれば有志によって日本語化されたMedia Preview Configurationがありますが、32bitオンリーで64bit環境にインストールしようとするとエラーになります。

ですので、メニュー項目の位置などを覚えて英語表示のまま使うのがいいでしょう。また、非公式のMedia Preview Configuration(公式サイトで配布されていないもの)はウイルスの可能性もあるので注意してください。

Media Preview Configurationの使い方

Media Preview Configurationは少し癖がありますが、難しいわけではないので一度使い方を理解してしまえば大丈夫です。

Media Preview Configurationを開く
まずはMedia Preview Configurationを開きましょう。
「Wizard」の[Customize]をクリックする
Media Preview Configurationを開いたら、「Wizard」の[Customize]をクリックします。

[Customize]をクリックするといろんな設定項目が触れるようになります。

設定項目のうち「Position Seek」のシークバーを調整する
新しく触れるようになった設定項目のうち「Position Seek」という項目のシークバーを調整します。

これはサムネイル画像として使用する1枚を取るための再生位置であり、ここで指定された時間を切り取った1枚がサムネイル画像として埋め込みされます。

パーセンテージでしか指定できないため、細かく調整するのはとても難しいので注意しましょう。

シークバーを動かしたら[Apply]を押して変更を反映します。

[Testing and Cache]タブに切り替える
変更したら、[Testing and Cache]タブに切り替えます。
「Target Zone」のエリアにサムネイルを変更したい動画をドラッグ&ドロップする
中央にWindows10のロゴと「Target Zone」と書かれたエリアが見つかるので、そこにサムネイルを変更したい動画をドラッグ&ドロップします。
ポップアップメッセージの画面
すると,このようなポップアップメッセージが表示されます。

これがサムネイルの変更が完了したことを表すメッセージであり、サムネイルの作成・変更したい動画の数だけMedia Preview Configurationを使って編集すると良いでしょう。エンコード作業は行われないので即完了します。

Media Preview Configurationの評判

動画ファイルには音楽ファイルと違ってジャケットの概念がないため、サムネイルを設定できるソフトウェアはほとんどありません。

そういう時にMedia Preview Configurationが役立つという声が大半でした。無料かつ速攻で変更が完了するので便利と言う声がとても多いのですが、その反面サムネイルに使用するシーンの指定が難しいという声も多いです。

再生位置をパーセントでしか指定できないため、サムネイルに使えないシーンができてしまったり、うまく指定できないということがあるようです。これに関しては慣れるしかないので、Media Preview Configurationを使ってコツをつかむと良いでしょう。

公式サイトでダウンロードリンクを間違える人も

Media Preview Configurationの公式サイトには広告が掲載されています。その広告をダウンロードリンクと誤認してしまうことがあり、全く関係ないソフトウェアをダウンロードしてしまったという人も少なくありません。

ウイルスの可能性は低いですが、知識がないと間違えてウイルスをダウンロードしてしまったと認識しかねないので注意しましょう。

まとめ

今回はMedia Preview Configurationを紹介しました。動画を編集できるソフトでは多くても、動画のサムネイルを設定できるソフトというのはあまり見つからなかったと思います。

そういう場合はMedia Preview Configurationを使えば一発でサムネイルを設定できるので一度使ってみると良いでしょう。