「Kernel-Power 41」のエラーが表示される問題の対処法!

「Kernel-Power 41」のエラーが表示される問題の対処法!

Windows10のパソコンで、「Kernel-Power 41」エラーにより強制終了や再起動・ブルースクリーンが起きて困ってしまったことはありませんか?この記事では、「Kernel-Power 41」のエラーが表示される問題の対処法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. 「Kernel-Power 41」のエラーが表示される問題
  2. 「Kernel-Power 41」のエラーが表示される問題の対処法

「Kernel-Power 41」のエラーが表示される問題

Windows10のパソコンを使用していたら、何故か勝手にシャットダウンや再起動してしまったり、ブルースクリーンが起きてしまい困ってしまったことはありませんか?最悪の場合には、起動直後にブルースクリーンが起きてどうにもならない状態になってしまうこともあります。

この症状が起きた時に、デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windows管理ツール」を展開して「イベントビューアー」をクリックしましょう。Windowsログから強制終了・ブルースクリーンが起きてしまった時間のイベントプロパティを開き、「ソース」が「Kernel-Power」・「イベント」が「41」になっていた場合は、「カーネル41病(KP41病)によるものです。カーネル41病はWindows7から発生するようになったと言われる重大なエラーの一つで、そのまま放置しているとまともにパソコンを使用することができなくなってしまうため、すぐに対策を行う必要があります。この記事では、「Kernel-Power 41」のエラーが表示される問題の対処法をご紹介しています。

「Kernel-Power 41」のエラーが表示される問題の対処法

高速スタートアップを無効化して再起動してみる

Windows10ではデフォルトで「高速スタートアップ」機能が動作しており、シャットダウンしても情報が保持されて次のパソコンの起動が早くなるように設定されます。しかし、トラブルが起きている場合も設定が保持されてしまうため、Kernel-Power 41エラーを引きずってしまいます。この場合は、高速スタートアップを無効化しましょう。高速スタートアップを無効化する方法は下記リンク先の記事にてご紹介しています。

Windows10の高速スタートアップの無効・有効の変更方法を解説!

Windows10の高速スタートアップの無効・有効の変更方法を解説いたします。そもそも高速スタートアップとは何か、高速スタートアップの問題点を紹介し、その上で高速スタートアップを無効・有効を変更する方法を解説します。

Thumb

ハードディスクの電源を切らないように設定する

Windowsの電源オプションでは、一定時間経過後にハードディスクの電源を切るように設定されています。この設定が原因で「Kernel-Power 41」のエラーが表示される場合は、ハードディスクの電源を切らないように設定変更しましょう。

「コントロールパネル」をクリック
デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開して「コントロールパネル」をクリックしましょう。
「電源オプション」をクリック
コントロールパネルが表示されるので、「システムとセキュリティ」をクリックしましょう。システムとセキュリティの項目一覧の中から、「電源オプション」をクリックしましょう。
「プラン設定の変更」をクリック
「電源プランの選択またはカスタマイズ」画面が表示されます。使用しているプランの右側に表示されている「プラン設定の変更」をクリックしましょう。
「詳細な電源設定の変更」をクリック
「プラン設定の変更」画面が表示されるので、「コンピューターをスリープ状態にする」の下に表示されている「詳細な電源設定の変更」をクリックしましょう。
「次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る」設定(分)を「0」に(なしという項目がある場合はなし)
「電源オプション」ウィンドウが表示されるので、「ハードディスク」を展開して「次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る」から「設定(分)」を「0」にしましょう(なしという項目がある場合はなし)。設定が完了したらOKをクリックして設定を保存することで、ハードディスクがスリープしないようになります。これでKernel-Power 41対策をすることができます。

デバイスドライバーを更新する

各種デバイスドライバーが最新の状態でないことが原因で「Kernel-Power 41」エラーが表示される場合は、デバイスドライバーを更新してみましょう。デバイスドライバーの中でも、オーディオドライバーがKernel-Power 41エラーの原因となっているケースが多いのでまずはオーディオドライバーを更新することをおすすめします。デバイスドライバーの更新方法は下記リンク先の記事にてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Windows10のディスプレイドライバーの更新方法を紹介!

Windows10のパソコンのディスプレイに不具合があったり、ドライバーのアップデートを求められた場合はディスプレイドライバーをアップデートしてみましょう。この記事では、Windows10のディスプレイドライバーの更新方法をご紹介しています。

Thumb