ブルースクリーンで再起動を繰り返す場合の対処法を紹介!

ブルースクリーンで再起動を繰り返す場合の対処法を紹介!

Windowsのパソコンで、ブルースクリーンによる再起動が繰り返されるためにパソコンが正常に使えなくなってしまって困ったことはありませんか?原因ごとに対処を行いましょう。この記事では、ブルースクリーンで再起動を繰り返す場合の対処法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. ブルースクリーンで再起動が繰り返す場合の対処法
Windowsのパソコンで唐突に青い画面になる「ブルースクリーン」によって再起動が行われるものの、ブルースクリーンによる再起動が繰り返すためにパソコンがまともに使用できず困ってしまったことはありませんか?この記事では、ブルースクリーンで再起動が繰り返す場合の対処法をご紹介していきます。

ブルースクリーンで再起動が繰り返す場合の対処法

エラーコードを確認してみる

ブルースクリーンが発生した時に、「停止コード」の部分にエラーコードが表示されます。このエラーコードを見ることで何が原因でブルースクリーンが発生しているのかが分かるので、対処しやすくなります。エラーコードの一覧をご紹介します。

  • CRITICAL_PROCESS_DIED:システムプロセスの停止
  • SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED:デバイスドライバで問題が発生してシステムトラブルに繋がった
  • IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL:ドライな・バックアップユーティリティ・ウイルススキャンによってWindowsサービスにトラブルが発生した
  • VIDEO_TDR_TIMEOUT_DETECTED:ディスプレイドライバーに不具合が発生した
  • PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA:メモリ・ハードディスク周りの物理的な故障によるトラブル
  • SYSTEM_SERVICE_EXCEPTION:アプリケーション・ドライバーのインストール時のトラブル
  • DPC_WATCHDOG_VIOLATION:デバイスドライバーのトラブル
  • MEMORY_MANAGEMENT:接続機器・アプリケーションによるトラブル
  • DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL:LANアダプタによるトラブル
  • DRIVER_POWER_STATE_FAILURE:起動・シャットダウン・スリープ時に正常にドライバーの情報を受信できなかったために起きる電源管理のエラー
  • UNEXPECTED_STORE_EXCEPTION:システム・デフォルトアプリ・セキュリティソフト・ストレージの故障によるエラー
  • KERNEL_SECURITY_CHECK_FAILURE:システムドライブに不良セクタがありPCが正常起動できないトラブル
  • KMODE_EXCEPTION_NOT_HANDLED:ドライバー・USB接続機器・システムファイル破損によるトラブル
  • REFERENCE_BY_POINTER:PCのクラッシュによるエラー
  • NTFS FILE SYSTEM:Windowsのファイルシステムによるエラー
  • BAD POOL HEADER:メモリプールのヘッダーが破損して起きるエラー

Windows Updateを行う

「設定」ボタンをクリック
Windowsのアップデートに問題がある場合、修正ファイルが配布されるので配布され次第アップデートを行いましょう。デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」ボタンをクリックしましょう。
「更新とセキュリティ」をクリック
「Windowsの設定」ウィンドウが表示されるので、「更新とセキュリティ」をクリックしましょう。
「更新プログラムのチェック」ボタンをクリック
設定画面が表示されるので、左側メニューの「Windows Update」をクリックしてWindows Updateメニューを開き「更新プログラムのチェック」ボタンをクリックしましょう。あとはWindows Updateが適用されたら、パソコンを再起動しましょう。

ドライバーの更新・再インストールを行う

デバイスマネージャーをクリック
ドライバーが原因の場合は、ドライバーを更新もしくは再インストールしましょう。「Windowsキー+Xキー」の同時押しでアドバンスドメニューを開き、デバイスマネージャーをクリックしましょう。
「ドライバーの更新」をクリック
デバイスマネージャーが開いたら原因となるドライバーを右クリックして、メニューの「ドライバーの更新」をクリックします。「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」からドライバーの更新を行いましょう。
「デバイスのアンインストール」をクリック
もしドライバーの更新ファイルがない場合は再インストールを行います。「デバイスのアンインストール」からアンインストールを行い、パソコンを再起動しましょう。再起動が完了すると、自動的にドライバーのインストールが行われます。専用ドライバーがある場合も大体の場合は汎用ドライバーがインストールされるので、後から専用ドライバーをインストールしましょう。

セーフモードで起動する

常駐プログラムなどが原因で正常起動できない場合は、セーフモードでの起動を試してみましょう。セーフモードでの起動方法は下記リンク先記事にてご紹介していますので、参考にしてみてください。セーフモードで起動したら、対象プログラムのアンインストール・停止を行いましょう。

Windows10のパソコンをセーフモードで起動する方法をご紹介!

Windows10のパソコンがある日起動しない・動くけど動作が不安定でおかしい場合には、セーフモードでパソコンを起動して原因を探して、修復してみましょう。この記事では、Windows10のパソコンをセーフモードで起動する方法をご紹介しています。

Thumb