Windows10でPCの時計がずれる場合の対処法をご紹介!

Windows10でPCの時計がずれる場合の対処法をご紹介!

Windows10PCのタスクバーには時計が表示されていますが、この時計がずれることがあります。時計がずれると、時刻が遅れて表示されるだけでなくアプリの不具合も発生します。この記事では、Windows10でPCの時計がずれる場合の対処法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. Windows10でPCの時計がずれる
  2. Windows10でPCの時計がずれる場合の対処法

Windows10でPCの時計がずれる

時計

Windows10のPCでは、タスクバーに時計が表示されていて時間が一目で分かるようになっています。

しかし、PCを使っているうちにこの時計がずれることがあります。なぜ時計がずれたり遅れる現象が発生してしまうのでしょうか。

Windows10のPCの時計の仕組みですが、マザーボードに時計と電池が組み込まれており、電池によって時計を動かしています。

ですが、この時計はタイムサーバーにアクセスして同期することを前提で作られており、時計単体の精度は高くないためインターネットに接続せずタイムサーバーにアクセスできない状況だとどんどん時間がずれるので、時計が遅れる現象が発生してしまうわけです。

また、インターネットに接続していてもタイムサーバーとの同期が失敗してしまった場合は時間の調整が行われないためずれが起きたままとなってしまいます。

「別にPCの時計がずれていても、時刻は他の時計で確認するし問題ない」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は他のアプリケーションにも影響を及ぼしているため思っている以上に厄介です。

ファイルのアクセスの際に記録される時間はPCの時計を参照していますし、メールソフトで送信するメールの時刻も当然時計を参照しています。もし時計がずれている場合、送信先のメールサーバーやソフトが迷惑メールと判断してしまうこともありえます。

このように、時計のずれはただ時間表示が遅れる以外にも様々な影響を及ぼします。そこでこの記事では、Windows10PCの時計がずれる場合の対処法をご紹介しています。

Windows10でPCの時計がずれる場合の対処法

PCの時計を設定する

上記で説明した通り、Windows10のPCの時計はタイムサーバーにアクセスすることで同期を行います。

しかしPCの時計が大きく遅れるなどずれが大きい場合は同期が行われません。そこで、まずは手動で時計を設定しましょう。

タスクバーの右下に表示されている時計を右クリックしてメニューを開く
タスクバーの右下に表示されている時計を右クリックしてメニューを開きましょう。
メニューの「日付と時刻の調整」をクリック
メニューの「日付と時刻の調整」をクリックしましょう。
2つのボタンをクリックしてオフにしたら「変更」ボタンをクリック
設定画面が開き「日付と時刻」のメニューが表示されます。「時刻を自動的に設定する」と「タイムゾーンを自動的に設定する」のボタンをクリックしてオフにすることで「日付と時刻を変更する」項目が利用できるようになります。2つのボタンをクリックしてオフにしたら「変更」ボタンをクリックしましょう。
日付及び時刻を設定したら「変更」ボタンをクリック
手動で日付と時刻の変更が行えます。日付及び時刻を設定したら「変更」ボタンをクリックしましょう。
日付と時刻メニューに戻ったら「タイムゾーン」を「(UTC+09:00)大阪、札幌、東京」に設定してあるかどうか確認
日付と時刻メニューに戻ったら「タイムゾーン」を「(UTC+09:00)大阪、札幌、東京」に設定してあるかどうか確認しましょう。日本の場合、このタイムゾーンに設定されていなければ正しい時刻になりませんので注意しましょう。別のタイムゾーンになっている場合はクリックして一覧の中から「(UTC+09:00)大阪、札幌、東京」を選択しましょう。
最後に「時刻を自動的に設定する」「タイムゾーンを自動的に設定する」のボタンをクリックしてオンに
最後に「時刻を自動的に設定する」「タイムゾーンを自動的に設定する」のボタンをクリックしてオンに戻しましょう。

これで手動での時刻設定が完了しました。

時計の同期を行う

手動で時計の時刻設定を行ったら、次は同期を行いましょう。

デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開して「コントロールパネル」をクリック
デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開して「コントロールパネル」をクリックしましょう。
コントロールパネルが表示されたら、「時計と地域」をクリック
コントロールパネルが表示されたら、「時計と地域」をクリックしましょう。
時計と地域メニューが表示されたら「日付と時刻」をクリック
時計と地域メニューが表示されたら「日付と時刻」をクリックします。
日付と時刻ウィンドウが開くので、「インターネット時刻」タブをクリックして表示させて「設定の変更」をクリック
日付と時刻ウィンドウが開くので、「インターネット時刻」タブをクリックして表示させて「設定の変更」をクリックしましょう。
インターネット時刻設定ウィンドウが表示されるので、「インターネット時刻サーバーと同期する」のチェックボックスをオンにして、サーバーが「time.windows.com」であることを確認
インターネット時刻設定ウィンドウが表示されるので、「インターネット時刻サーバーと同期する」のチェックボックスをオンにして、サーバーが「time.windows.com」であることを確認しましょう。違う場合は手入力で設定したら「今すぐ更新」をクリックすると時刻の同期が行われます。同期が完了したら「OK」をクリックして終了しましょう。

マザーボードの電池を交換する

マザーボードの電池が完全に切れてしまった場合、いくら設定しても時刻のずれが直らなくなってしまいます。この場合は電池を交換する必要があります。

パソコンの電源を切り、プラグをコンセントから外してマザーボードの電池を確認しましょう。

多くの場合はボタン電池が付いていると思います。同型のボタン電池を買って交換すれば完了です。

ただし、自分で電池の交換を行った場合マザーボードの保証がなくなってしまうことがほとんどなので自己責任で行いましょう。