Excelで改ページを設定する方法をご紹介!

Excelで改ページを設定する方法をご紹介!

Excelで印刷する時、用紙を変えずに印刷する範囲を決めることができます。そのために、改ページを設定するなら、選んだところだけを印刷できます。こちらでは、Excelで好きなところを印刷するための、改ページを設定する方法をご紹介します。


目次[非表示]

  1. Excelで改ページ
  2. Excelで改ページを設定する方法
  3. 改ページできない場合

Excelで改ページ

Excelでの改ページとは、印刷範囲を自動ではなく、自分で決めるためのものです。表などの途中で、行や列を選択し、改ページを設定するなら、プレビューでも確認できるように選んだ箇所だけを次ページにも印刷できます。

改ページはどのように設定すると良いのでしょうか。今回ご紹介していきます。

Excelで改ページを設定する方法

印刷範囲の表示は?

印刷される範囲

改ページの設定をすると、点線が縦と横に表示されます。
その中の範囲が、印刷される部分となります。

自動の設定では、1ページに全てが印刷されたり、途中で切れてしまうことがあります。印刷または改ページプレビューで見るとよくわかりますが、自動のままだと肝要なところが印刷できないことが多いですよね。

それを次ページにも印刷できるよう自分で調整するために改ページの設定が必要になります。

改ページ設定をする

印刷したい行が5行目までなら、6行目を1行選択
印刷したい行が5行目までなら、6行目を1行選択します。
そして、改ページ設定をします。
ページレイアウトタブから、改ページをクリックし、改ページの挿入を選ぶ
改ページを設定するにはページレイアウトタブから、改ページをクリックし、改ページの挿入を選びます。選択した行の上に、青い点線が表示されます。

改ページが追加されています。
改ページを設定することで、ページ区切りが表示
改ページを設定することで、ページ区切りが表示され、1ページでは印刷できない他の範囲が、次ページに印刷されるようにます。

印刷範囲を、改ページで分けて行なえます。ページ数を増やすことになり、1ページごとの分かりやすい資料にできます。

移動させる

カーソルを自動で表示された青い点線の上に置くと矢印に変わる
カーソルを自動で表示された青い点線の上に置きます。矢印に変わるので、そのままドラッグして青い線を移動させて、印刷範囲を増やす、あるいは変更させることができます。

プレビューを見ると、改ページが挿入、追加されているので、指定した印刷範囲を確認できます。

拡大率を変更する

印刷範囲
印刷範囲を決めることができますが、実際に印刷する時に1ページ内でどの位の大きさになるかを調節できます。
 

改ページできない場合

このような方法で、改ページを設定して追加するなら、印刷範囲を自由に決められます。
そして、印刷される大きさも、拡大縮小で調節できます。

でも、改ページ設定がなかなかできない、青い線を動かすことができないなど、困る時がありますよね。
その原因と対処法も、「Excelで改ページができない場合の原因と対処法!【青い線が動かない/変更できない】」の記事でご紹介しています。
ぜひ、参考にされて改ページを活用してくださいね。

Excelで改ページができない場合の原因と対処法!【青い線が動かない/変更できない】

Excelシートを印刷したい時、用意している用紙サイズで好きなところから改ページしたいですよね。 そうするなら、印刷範囲を自由に設定できます。でも、改ページできず、印刷範囲を変更できない時があり、困ることがあります。その原因と対処法をご紹介します。

Thumb