Windows10で時刻同期できない問題の対処法!

Windows10で時刻同期できない問題の対処法!

Windows10のパソコンで、時計が時刻同期されない状態になってしまったことはありませんか?そのまま放置すると、OSの更新ができないなどのトラブルが発生します。この記事では、Windows10で時刻同期できない問題の対処法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. Windows10で時刻同期できない問題
  2. Windows10で時刻同期できない問題の対処法

Windows10で時刻同期できない問題

Windows10のパソコンで、時計の時刻同期ができない状態になってしまったことはありませんか?時刻同期が行われないと、ただ時間がずれるだけでなくMicrosoftストアアプリがインストール不能になったりWindows Updateができなくなるなど不具合が発生します。

この記事では、Windows10で時刻同期できない問題の対処法をご紹介していきます。

Windows10で時刻同期できない問題の対処法

「日付と時刻」の設定を確認する

デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」をクリックしましょう。
「Windowsの設定」ウィンドウが表示されるので、「時刻と言語」をクリックしましょう。
設定画面が開きます。「日付と時刻」項目一覧の「時刻を自動的に設定する」ボタンがオフになっている場合は、クリックしてオンにすることで時刻同期されるようになります。

NTPサーバーの設定を行う

NTPサーバーの設定に問題がある場合は、設定を変更することで時刻同期するようになります。NTPサーバーとは何か知りたい場合は、下記リンク先の記事をご覧ください。

NTPとは?NTPで使用されるポート番号は?

パソコンで、「NTP」という単語について見聞きすることがあるかと思います。NTPはパソコンにとって重要なので、内容と使用しているポート番号を覚えておきましょう。この記事では、NTPとはどういうものか?またNTPで使用されるポート番号についてご紹介しています。

Noimage
NTPサーバーの設定はコントロールパネルで行います。デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開して、「コントロールパネル」をクリックしましょう。
コントロールパネルが表示されるので、「時計と地域」をクリックしましょう。
時計と地域の項目一覧から、「日付と時刻の設定」をクリックしましょう。
「日付と時刻」ウィンドウが表示されるので、「インターネット時刻」タブをクリックします。「(NTPサーバー名)と自動的に同期するように設定されています。」と表示されているのに時刻がずれている場合は、「日付と時刻」タブをクリックします。
日付と時刻の項目一覧から「タイムゾーンの変更」をクリックして、地域を設定しましょう。日本であれば、「(UTC+09:00)大阪、札幌、東京」を選択すればOKです。

「インターネット時刻」タブで「(NTPサーバー名)と自動的に同期するように設定されていません」と表示される場合は、「設定の変更」をクリックしましょう。

「インターネット時刻設定」ウィンドウが表示されるので、「インターネット時刻サーバーと同期する」のチェックボックスをオンにしてからサーバーのプルダウンメニューをクリックして「time.windows.com」を選択して「今すぐ更新」をクリックしましょう。

「時計は正常に~にtime.windows.comと同期しました。」と表示されれば完了です。「OK」をクリックして終了しましょう。もし「同期中にエラーが発生しました。」と表示される場合は、別のサーバーを選択して同期を行いましょう。


関連記事