Chromeの予測変換を削除・無効にする方法を解説!邪魔な検索候補を非表示にしよう

Chromeの予測変換を削除・無効にする方法を解説!邪魔な検索候補を非表示にしよう

Google Chromeの予測変換機能は検索の際に便利ですが、場合によっては邪魔になることもありますよね。そんな時はChromeの予測変換機能を削除・無効化しましょう。この記事ではChromeの予測変換を一括及び個別に削除・無効にする方法について説明しています。


目次

  1. Chromeの予測変換を削除・無効にしたい
  2. Chromeの予測変換を削除・無効にする方法(一括)
  3. Chromeの予測変換を削除する方法(個別)
  4. まとめ

Chromeの予測変換を削除・無効にしたい

ブラウザ「Google Chrome」の検索フォームやアドレスバーで検索したいワードを入力していると、入力中の単語から検索候補を表示する「予測変換」機能が使用され、複数の検索候補や過去に検索した検索ワードが表示されます。

入力中の単語から検索候補を表示してくれるこの機能は便利なのですが、関係のない検索候補が表示されたり、過去に1回限り検索した単語なども表示されてしまうので、他の人にPC・スマホを貸した時に見られて恥ずかしい思いをしてしまうこともあるかもしれません。

ですので、もしChromeに予測変換が残って邪魔な場合は削除・消すことをおすすめします。

Chromeの予測変換を削除・無効にする方法(一括)

それでは、Chromeの予測変換を一括で削除・無効にする方法を説明します。

PC

chromeのメニュー
PCブラウザ版Chromeで予測変換を無効にするには、画面右上のメニューボタンをクリックして表示されたメニューの中から「設定」をクリックします。
chromeのプライバシーとセキュリティ
設定メニューの一番下にある「詳細設定」をクリックして表示される「プライバシーとセキュリティ」項目の「予測サービスを使用してアドレスバーに入力した検索とURLを表示する」のボタンをクリックしてオフにしましょう。

こちらで予測変換の機能を無効にする設定の完了です。

続けてこれまでの過去の予測変換履歴をリセットしましょう。

「プライバシーとセキュリティ」項目の「閲覧履歴データを消去する」をクリックして、ウィンドウが表示されたら削除する期間を「全期間」に指定して「データを消去」ボタンをクリックすれば予測変換履歴が削除されます。

今回閲覧履歴の削除を全期間で行っていますが、もしも消したくない期間やCookie・サイトデータがあれば削除対象を絞ってのデータ消去を行いましょう。

Android

続いてはスマホアプリ版です。Androidアプリでの予測変換の削除・無効の仕方を解説していきます。

chromeのメニュー
スマホアプリ版Chromeの予測変換を無効にするには、まずGoogleアプリ起動して左上のメニューボタンをタップして表示されたメニューの中から「設定」をタップします。
chromeの設定
設定メニューの「アカウントとプライバシー」をタップします。
アカウントとプライバシー
アカウントとプライバシーメニューが表示されたら「Googleアクティビティ管理」をタップしましょう。
アクティビティ管理
アクティビティ管理メニューの「ウェブとアプリのアクティビティ」をタップします。
ウェブとアプリのアクティビティ
ウェブとアプリのアクティビティメニューが表示されたら、画面上部のボタンをタップして無効にしましょう。
ウェブとアプリのアクティビティを一時停止しますか?
「ウェブとアプリのアクティビティを一時停止しますか?」と尋ねられるので、画面下部の「一時停止」をタップすれば検索履歴による予測変換が無効になります。
chromeのメニュー

続いてスマホアプリ版Chromeを起動し、右上のメニューボタンをタップしてから「設定」を開きます。

chromeの設定
設定メニューの詳細設定項目から「プライバシー」をタップします。
chromeの設定のプライバシー
プライバシーメニューの「検索とサイトの候補を表示」のチェックボックスをオフにすることで検索候補が表示されなくなります。
続けて過去の予測変換履歴をリセットしましょう。

右上のメニューボタンをタップしてから「履歴」を開きます。
履歴
履歴メニューが表示されたら、画面上部の「閲覧データを削除」をタップしましょう。
閲覧履歴データを消去
閲覧データを消去メニューが表示されたら、削除する期間を「全期間」に指定して「データを消去」ボタンをタップすれば予測変換履歴が削除されます。

以上がPC版・Androidスマホアプリ版Chromeの予測変換を削除・無効にする方法です。この操作の中で行っている閲覧データの削除(キャッシュクリア)に関しては下記の記事で詳しく説明していますので、併せてご覧ください。

chromeのキャッシュクリアの方法を解説!特定のサイト/ショートカット/アドオン/自動でキャッシュを削除

chromeのキャッシュクリアの方法を解説いたします。chromeのキャッシュの削除方法とあわせて自動的にchromeのキャッシュを削除する方法・特定のサイトのみ削除する方法・chromeのキャッシュのサイズの変更方法などをご紹介します。

Thumb

Chromeの予測変換を削除する方法(個別)

続いてchromeの予測変換を削除する方法で、検索候補を個別で削除する方法です。

PC

chromeのアドレスバーに表示された検索候補
予測変換を個別に削除したい場合、アドレスバーに表示された検索候補にマウスカーソルを乗せるか重視キーで選択して「Shiftキー + Deleteキー」を同時に押すことでその検索候補が削除されます。

Android

chromeの検索候補
予測変換を個別に削除したい場合、表示された検索候補の右側にある×ボタンをタップしましょう。
検索ワードの削除の確認
ポップアップウィンドウが表示され、検索ワードを削除するかどうか尋ねられるので「削除」をタップすることでその検索ワードが削除され検索候補に表示されなくなります。

まとめ

Chromeの予測変換を削除・無効にする方法を解説!邪魔な検索候補を非表示にしよう、いかがでしたでしょうか?

chromeの予測検索機能は便利ですが、場合によっては邪魔と感じたり、他人に貸した時に検索候補を見られて恥ずかしい思いをしてしまうこともあります。記事内で紹介した方法で予測変換を無効・削除できるのでぜひ試してみてくださいね。

またChromeの予測変換とは別でAndroidのATOK(日本語入力システム)キーボードでの予測変換履歴の消し方については下記の記事でまとめていますので、ぜひ必要な方は見てみて下さい。

Androidの予測変換の入力履歴の削除方法を解説!

Androidで文字を入力する時に表示されるのが「予測変換」です。過去の入力履歴から使われそうな単語を表示してくれる便利な機能ですが、IDなどの削除したい単語などもあると思います。この記事では、Androidの予測変換の入力履歴の削除方法を解説していきます。

Thumb

関連記事