「Kernel-Power 41」のエラーの対処法をご紹介!

「Kernel-Power 41」のエラーの対処法をご紹介!

Windows10のパソコンを使用していると、稀に「Kernel-Power 41」エラーによりフリーズ・再起動・ブルースクリーンが発生するようになることがあります。この記事では、「Kernel-Power 41」のエラーの対処法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. 「Kernel-Power 41」のエラーが表示される
  2. 「Kernel-Power 41」のエラーの対処法

「Kernel-Power 41」のエラーが表示される

Windows10のパソコンを使用していると、稀にパソコンが何故かフリーズ・ブルースクリーン・再起動を頻繁に起こしてしまう現象に遭遇してしまうことがあります。この症状の原因は「Kernel-Power 41」のエラーによるものです。

「Kernel-Power 41」のエラーは「KP41病」とも呼ばれており、古くはWindows7から発生するようになった症状です。Kernel-Power 41によるエラーが発生している場合は、Windowsのイベントビューアーでイベントを最新順にソートして確認すると「ソース:Kernel-Power」・「イベント ID:41」・「レベル:重大」と書かれたイベントがあるはずです。これを対策せずに放置しておくとまともにパソコンが使用できなくなってしまうので、対策を行いましょう。この記事では、「Kernel-Power 41」のエラーの対処法をご紹介していきます。

「Kernel-Power 41」のエラーの対処法

ハードディスクのスリープ機能を無効化する

ハードディスクがスリープする設定のためにエラーが起きる場合は、ハードディスクのスリープ機能を無効化しましょう。

「コントロールパネル」をクリック
まずはデスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開して「コントロールパネル」をクリックしましょう。
「電源オプション」をクリック
コントロールパネルが表示されるので、「システムとセキュリティ」をクリックします。項目一覧の中から、「電源オプション」をクリックしましょう。
「プラン設定の変更」をクリック
「電源プランの選択またはカスタマイズ」画面が表示されるので、現在使用しているプランの右側に表示されている「プラン設定の変更」をクリックしましょう。
「詳細な電源設定の変更」をクリック
「プラン設定の変更」画面が表示されるので、「詳細な電源設定の変更」をクリックしましょう。
「ハードディスク」→「次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る」→「設定(分)」を「0(なしにできる場合はなし)」にし、OKをクリック
「電源オプション」ウィンドウが表示されるので、「ハードディスク」→「次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る」の順に展開して、「設定(分)」を「0(なしにできる場合はなし)」にしましょう。あとはOKをクリックして設定を保存すれば、ハードディスクがスリープしないようになります。
Windows 10の電源オプションの設定方法を紹介!【高パフォーマンス】

Windows 10では、電源オプションから電源管理を行うことができます。省電力でPCを動作させたり、電力を気にせず高パフォーマンスで動作させるといったことが可能になりますよ。この記事では、Windows 10の電源オプションの設定方法をご紹介しています。

Thumb

高速スタートアップを無効化する

Windows10では「高速スタートアップ」機能により、シャットダウンしても設定が残って次のパソコンの起動が早くなるように設定されています。ただしトラブルの元にもなりやすいため、この高速スタートアップを無効化することでエラーを改善できる可能性が高いです。下記リンク先記事において高速スタートアップの無効化方法を説明していますので、併せてご覧ください。

Windows10の高速スタートアップの無効・有効の変更方法を解説!

Windows10の高速スタートアップの無効・有効の変更方法を解説いたします。そもそも高速スタートアップとは何か、高速スタートアップの問題点を紹介し、その上で高速スタートアップを無効・有効を変更する方法を解説します。

Thumb

USB接続機器を取り外してみる

マウスやキーボード以外のUSB機器を接続している場合は、それらの機器を取り外した状態でパソコンを起動して、エラーが起きないかどうか試してみましょう。USBデバイスへの電源供給が原因でエラーが発生している場合は、これで解決可能です。

Windows10を初期化してみる

システム自体にトラブルが発生していて「Kernel-Power 41」エラーが止まらない場合は、Windows10を初期化して対処してみましょう。初期化を行うとパソコンのデータがすべて消えてしまうので、事前に必要なデータのバックアップは行っておきましょう。Windows10のパソコンを初期化する方法は下記リンク先の記事にてご紹介していますので、ぜひご覧ください。

Windows10のPCを初期化(工場出荷時に戻す)する方法を紹介!

Windows10のPCの動作がおかしい場合や、不要になって処分する場合には初期化(工場出荷時に戻す)して復活させたり・安全に処分することができるようになります。この記事ではWindows10のPCを初期化(工場出荷時に戻す)する方法をご紹介しています。

Thumb