エラーコード「0x80070002」によりWindows Updateできない場合の対処法!

エラーコード「0x80070002」によりWindows Updateできない場合の対処法!

Windows Update時にエラーコード「0x80070002」が表示されてアップデートできない状態になったことはありませんか?この記事では、エラーコード「0x80070002」によりWindows Updateできない場合の対処法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. エラーコード「0x80070002」によりWindows Updateできない問題
  2. エラーコード「0x80070002」によりWindows Updateできない場合の対処法

エラーコード「0x80070002」によりWindows Updateできない問題

Windowsのパソコンで、「0x80070002」エラーコードが表示されてWindowsをアップデートできない状態になってしまったことはありませんか?このエラーは、Windows Updateに必要なファイルが見つからない・読み込めない場合に発生するエラーです。

この記事では、エラーコード「0x80070002」によりWindows Updateできない場合の対処法をご紹介していきます。

エラーコード「0x80070002」によりWindows Updateできない場合の対処法

クリーンブートしてからWindows Updateを試してみる

常駐プログラムがWindows Updateの邪魔になってしまっている場合は、クリーンブートを行ってみましょう。クリーンブートとは、Windowsの常駐プログラムとサービスをWindowsのもののみに限定する、つまり最小限の構成で起動する方法です。クリーンブートの実行方法は下記リンク先の記事にて説明していますので、ぜひご覧ください。

Windows10のクリーンブートとは?実行方法をご紹介!

Windows10には、「クリーンブート」という起動方法があります。クリーンブートを使うことで、トラブルが発生した際に原因を切り分けて特定することができますよ。この記事では、Windows10のクリーンブートとは・実行方法をご紹介しています。

Thumb

パソコンの時刻を同期して合わせる

パソコンのタスクトレイに表示されている時刻は完全に同期されているわけではなく、ずれが生じることがあります。このずれの範囲が大きすぎると、Windows Updateが正常に動作しなくなりアップデートできない状態になってしまいます。まずは、パソコンの時刻を同期して合わせてみましょう。

「設定」をクリック
デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」をクリックしましょう。
「時刻と言語」をクリック
「Windowsの設定」ウィンドウが表示されるので、「時刻と言語」をクリックしましょう。
「日付と時刻」→「今すぐ同期」ボタンをクリック
設定画面が表示されます。左側メニューの「日付と時刻」をクリックして項目一覧を開いたら、「時刻を同期する」の「今すぐ同期」ボタンをクリックしましょう。少し待つと、タイムサーバーにアクセスして時刻の同期を行いますよ。同期が完了したら、一度パソコンを再起動してからWindows Updateを行ってみましょう。

トラブルシューティングツールを使用してみる

「更新とセキュリティ」をクリック
デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「設定」から「Windowsの設定」ウィンドウを開き、「更新とセキュリティ」をクリックしましょう。
「トラブルシューティング」→「追加のトラブルシューティングツール」をクリック
設定画面が開くので、左側メニューの「トラブルシューティング」をクリックします。項目一覧の「追加のトラブルシューティングツール」をクリックしましょう。
「Windows Update」をクリック
「追加のトラブルシューティングツール」一覧から「Windows Update」をクリックしてトラブルシューティングツールを起動し、ツールの指示に従って操作を行いましょう。これでエラーの原因を取り除けたら、Windows Updateを行ってみましょう。

sfc /scannowコマンドを行う

システムファイルチェッカーを使ってシステムファイルの修復を行うことで、エラーの原因を対処してみましょう。

「コマンドプロンプト」を右クリック
デスクトップ画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、「すべてのアプリ」から「Windowsシステムツール」フォルダを展開します。「コマンドプロンプト」を右クリックしてメニューの「管理者として実行」をクリックして開きましょう。
「sfc /scannow」とコマンドを入力してEnterキーを押す
コマンドプロンプトが管理者権限で起動するので、「sfc /scannow」とコマンドを入力してEnterキーを押しましょう。システムスキャンが始まり、破損したファイルがある場合は修復が行われます。

システムスキャンが完了したら、再度Windows Updateを行ってみましょう。