Macで複数のpdfを1つにまとめる方法とは?pdfファイルを結合しよう!

Macで複数のpdfを1つにまとめる方法とは?pdfファイルを結合しよう!

Macでは、1枚ずつ別々のファイルとなってしまっているpdfを結合して一つにまとめることが簡単に行えます。Macに標準で搭載されている「プレビュー」や「Automator」を使ったpdfの結合方法を今回はそ紹介します。


目次

  1. Macでpdfファイルを結合したい
  2. Macでpdfファイルを結合する方法
  3. まとめ

Macでpdfファイルを結合したい

pdfファイルはMacやWindowsなどのOSの互換性などの問題が回避でき、Webブラウザや、Adobe ReaderやMac純正の「プレビュー」などで閲覧することができます。

今回は複数のpdfを結合し1つにまとめる方法を解説していきます。

会社の資料などで複数のpdfを合体させてまとめておきたいと考えることがあると思います。
給与明細やレシートなども複数のpdfファイルであると目的のものを探し出すのに時間がかかりますので、月別でまとめておきたいと考えることもあると思います。

複数のpdfを1つにまとめることで、ファイルの紛失を防いだり、印刷漏れを防いだり、目的のファイルをすぐに探し出せるというメリットがあります。

Macでpdfファイルを結合する方法

以下では、「プレビュー」を使ったpdfファイルの結合方法と「Automator」を使ったファイルの結合方法を解説していきます。

どちらのアプリもMacに標準搭載された無料ソフトです。

Macの「プレビュー」を使ってpdfファイルを結合する

pdfファイルをプレビューで開く

結合させたいpdfを「プレビュー」で開きます。

pdfファイルをアクティブにした状態で表示→サムネールを選択

開いたpdfをアクティブにした状態ででメニューバーより>「表示」>「サムネール」をクリックします。

このとき、開いた結合したいそれぞれのpdfにサムネールを表示させるようにしてください。

追加したいpdfのサムネールを結合するpdfの連結させるページのサムネールにドラッグ

追加したいpdfのサムネールを結合するpdfの連結させるページのサムネールにドラッグします。

このときに連続していないページの追加の場合は、「command」キーを押しながら追加したいページをクリックしていくと複数選択できます。

全てをのページを追加したいときは追加したい側のサムネールで「command+A」を押すと全て選択されます。

pdfファイルが追加される

pdfが追加されました。

Macの「Automator」を使ってpdfファイルを結合する

Launchpadから「その他」>「Automator」を選択

Launchpadから「その他」>「Automator」をクリックします。

「新規書類」からAutomatorのワークフローファイルを作成

「新規書類」からAutomatorのワークフローファイルを作成します。

「ワークフロー」をクリックして「選択」を選択

「ワークフロー」をクリックして「選択」を押します。

結合するpdfファイルをFinderで選択しAutomatorにドラッグ&ドロップ

結合するpdfファイルをFinderで選択しAutomatorにドラッグ&ドロップします。

ワークフローにpdfファイルが表示されました。

「PDFページを結合」をダブルクリック

左のサイドバー「ライブラリ」からPDFを選び、サイドバー右列の「PDFページを結合」をダブルクリックします。

ワークフローに「PDFページを結合」が追加される

ワークフローに「PDFページを結合」が加わりました。

「ファイルとフォルダ」を選び「Finder項目を開く」をダブルクリック

続いて左のサイドバーライブラリから「ファイルとフォルダ」を選び「Finder項目を開く」をダブルクリックします。

ワークフローに「Finder項目を開く」という項目が追加

ワークフローに「Finder項目を開く」という項目が追加されました。

こちらで準備ができました。

実行ボタンを押すと、ワークフローが実行される

右上の実行ボタンを押すと作成したワークフローが実行されます。

ワークフローが実行され、終了するとpdfが開く

ワークフローが実行され、終了するとpdfが開きます。

pdfを確認したところファイルの順序どおりに結合されています。

メニューからファイル→保存を選択

メニューバーより「ファイル」>「保存」をクリックします。

pdfを名前をつけて保存する

pdfを保存します。

後で判別できるように名前を変更しておきましょう。

Automatorのワークフローファイルも保存しておく

Automatorのワークフローファイルも保存しておきます。

メニューバーより「ファイル」>「保存」をクリックします。

今回作成したAutomatorのワークフローファイルは使いまわしができる

今回作成したAutomatorのワークフローファイルは使いまわしができます。

次回使用するときは、右側のワークフローのパネル上部のファイル一覧の部分にpdfをドラッグ&ドロップすれば使用できます。

まとめ

今回は、複数のpdfを1つにまとめる結合の方法をご紹介しました。

「プレビュー」を使ってpdfを結合する方法は、追加したいページや、連結させるページを自分で操作することができますが、複数ファイルの全ページを結合するだけであれば「Automator」を使ったpdfの結合の方が便利です。

ぜひ皆さんも試してみましょう。


関連記事