Windows11でスクリーンショットができない場合の対処法!

Windows11でスクリーンショットができない場合の対処法!

Windows11で、プリントスクリーンキーが効かずスクリーンショットできない状態になってしまったことはありませんか?プリントスクリーンキーが使えないと困りますよね。この記事では、Windows11でスクリーンショットができない場合の対処法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. Windows11でスクリーンショットができない
  2. Windows11でスクリーンショットができない場合の対処法

Windows11でスクリーンショットができない

Windows11のパソコンで、スクリーンショットが撮影できなくて困ってしまったことはアリませんか?スクリーンショットができない場合は、原因を確かめるか代替方法を使用してみましょう。この記事では、Windows11でスクリーンショットができない場合の対処法をご紹介していきます。

Windows11でスクリーンショットができない場合の対処法

Print Screenキーがどこにあるのか分からない場合

スクリーンショットの撮影には、キーボードの「Print Screenキー(プリントスクリーンキー)」を使用します、このPrint Screenキーの場所が分からない場合は、まずはキーの場所を把握しておきましょう。

Print Screenキーは、一般的なキーボードの場合は右上のほうに用意されています。「F12キー」の右側、もしくは「Insertキー」の上部にPrint Screenキーがあるはずです。ノートパソコンの場合は一見ないように思えて、他のキーと一緒にされていることが多いです。やはりキーボードの右上に用意されていることが多いので、キーの印字を確かめてみましょう。「Prt Sc」などと簡易に印字されていることもあるので注意しましょう。

ノートパソコンでPrint Screenキーが反応しない場合

ノートパソコンでは上記で説明したように、他のキーとPrint Screenキーが一緒にされていることがほとんどです。そのため、Print Screenキーを押してもスクリーンショットが撮影できないケースも少なくありません。この場合はWindowsキー付近に用意されている「Fnキー」を押しながらPrint Screenキーを押すことで、通常のPrint Screenキーの動作が行われますよ。

アプリケーションがスクリーンショットを妨害している場合

近年では電子書籍アプリなどを用いてパソコンで漫画や雑誌・小説を閲覧することができますが、これらのアプリの起動中にPrint Screenキーが効かなくなることがあります。これらのコンテンツはコピーを規制しているため、アプリケーションの起動中はスクリーンショットが行えなくなります。

また、セキュリティ対策を強く行っているアプリケーションでもPrint Screenキーが動作しなくなります。スクリーンショットを撮影する場合は、これらのアプリケーションを終了しましょう。

スクリーンショットの方法を確認してみる

Windows11におけるスクリーンショットの撮影方法は様々なものがあります。Print Screenキーが効かなくても「Snipping Tool」を使用してスクリーンショットを撮影するなど、代替方法もあるのでそれらの機能を利用してみましょう。下記リンク先の記事にでSnipping Toolを含めたスクリーンショットの撮影方法をご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

Windows11でスクリーンショットを撮る4つの方法!

Windows11のパソコンでは、デスクトップ画面でスクリーンショットを撮影して画像として保存することができます。スクリーンショットの撮影方法は様々なものがあります。この記事では、Windows11でスクリーンショットを撮る4つの方法についてご紹介しています。

Thumb

スクリーンショットの保存先を変更したい場合は、下記リンク先の記事を併せてご覧ください。

Windows11でスクリーンショットの保存先を変更する方法!

Windows11でスクリーンショットを撮影すると、撮影方法によっては自動的に保存されますよね。このスクリーンショットの保存先を変更したいと思ったことはありませんか?この記事では、Windows11でスクリーンショットの保存先を変更する方法をご紹介しています。

Thumb

キーワード一覧