Twitterアカウントの凍結について凍結させる方法や解除方法などまとめ!

Twitterアカウントの凍結について凍結させる方法や解除方法などまとめ!

Twitterのアカウントの凍結についてまとめました。Twitterのアカウントが凍結される理由や、明らかなスパムアカウントを凍結させる方法、凍結されたアカウントの解除の方法などを解説していきます。


目次

  1. Twitterのアカウントの凍結とは
  2. Twitterのアカウントの凍結とロックとの違い
  3. Twitterアカウントが凍結される理由
  4. Twitterアカウントを凍結させる方法
  5. Twitterアカウントの凍結を解除する方法
  6. まとめ

Twitterのアカウントの凍結とは

Twitterアカウントの凍結とはアカウントが利用停止の状態にあることを指します。

Twitterが定めているルールの何れかを破った場合にTwitterアカウントが凍結される場合があります。凍結された場合は正常にTwitterを利用することができなくなります。

今回はTwitterのアカウント凍結について「凍結される理由」「アカウントを凍結させる方法」「凍結の解除方法」をまとめました。

Twitterのアカウントの凍結とロックとの違い

まずアカウントの凍結と似ている状態としてアカウントの「ロック」があります。

アカウントのロックと凍結はTwitterを正常に利用できないという点ではほとんど同じです。ただしロックの場合は解除申請をすれば解除を行うことができます。

一方で凍結の場合は永久にアカウントが利用できない可能性もあり、アカウントの凍結の方が事の重要度では大きいです。

Twitterアカウントがロックされた・・原因や解除方法は?

Twitterのアカウントがロックされた場合の原因や解除の方法についてご紹介していきます。Twitterを適切に利用していない場合にアカウントのロックがされる場合があります。すでにロックされた方は解除の手順を、今はロックされていない方も今後ロックされないように注意しましょう。

Thumb

Twitterアカウントが凍結される理由

基本Twitter側が定めたルールを破った場合にアカウント凍結となりますが、代表的な凍結理由をご紹介してきます。

Twitterアカウントの大量作成

Twitterのアカウントを大量作成した場合は凍結される可能性があります。

Twitterを個人が利用する分にはアカウントは1つか多くても2つあれば十分かと思います。 アカウントの大量作成は避けましょう。

短期間でフォロー/アンフォローを繰り返す

短時間でフォロー/アンフォローを繰り返していた場合は凍結やロックの対象となります。

これは意外と個人でも多く、例えば相互フォローアカウントのフォロー/アンフォローを短時間で繰り返していると、凍結されるというケースはよく聞きます。常識の範囲内でフォロー/アンフォローを行いましょう。

ブロック・スパム報告を受ける

複数のユーザーから通報されたり、ブロックされているアカウントはスパムアカウントなど怪しいアカウントである可能性は高いです。
 

それゆえ目をつけられやすいのかもしれませんが、ブロックされたり・スパム通報されたアカウントは凍結される可能性があります。

犯罪にかかわるようなアカウント

ツイートやDMなどが犯罪にかかわるようなアカウントも凍結される可能性があります。

誹謗中傷を行っているアカウント

個人の誹謗中傷などを行っているアカウントも凍結になりえます。また個人情報の漏洩なども絶対にやめましょう。

なりすまし

有名人や個人のなりすましのアカウントがTwitterでは存在していて、このようなアカウントも凍結となりえます。

またなりすまし通報をする場合は以下のリンクから行いましょう。

なりすましアカウントを報告するには

他にも様々な理由で凍結になりえます

代表的なアカウント凍結となりえる理由をご紹介しました。これ以外にもアカウント凍結となりえる場合があります。 更に詳しい情報はTwitterの公式のヘルプを参考にしましょう。

Twitterルール

Twitterアカウントを凍結させる方法

次に明らかなスパムアカウントなどを通報して、アカウント凍結させる方法を解説します。

こちらはまずしっかりとTwitterのルールを確認した上で明らかに違反している場合に通報しましょう。 そして、通報するには下記のリンクから行いましょう。

違反を報告する方法

リンク先に遷移した後に、「個別のツイート」「プロフィール」「モーメントのカバー」「ポルノ」「個人情報」など違反にしている項目を見つけたあとにその文中にある「こちら」のリンクをクリックしましょう。 更にリンク先で詳細な情報の入力がありますので、指示通りに入力を行って通報をしましょう。

Twitterアカウントの凍結を解除する方法

次にアカウントを凍結された側の立場でアカウントの凍結を解除する方法をご紹介します。

基本的には警告だけであれば、そのままルールを守ることを約束し解除となりますが、本凍結となる場合には解除には異議申し立てを行う形となります。

該当アカウントでTwitterにアクセスすると、異議申し立てのリンクが表示されていればそちらから行いましょう。されていなければ下記のリンクから異議申し立てを行いましょう。

アカウントの凍結について

まとめ

アカウントが凍結され、削除されるまでには「警告」「凍結」「永久凍結」とステップがあるようです、その中で異議申し立てをしていくわけですが、Twitterのルールを明らかに破っていた場合は解除が難しい事になりえます。

Twitterのルールに則って利用していくのが一番ですが、もしも凍結やロック状態になった方は解除が可能な内にルールの遵守をしましょう。 Twitterを健全に利用して、そして楽しんで使っていきましょう!


関連記事