chrome://flagsは英語から日本語化できる?

chrome://flagsは英語から日本語化できる?

Chromeには設定ページがいくつかありますが、「chrome://flags」は開いたことがあるでしょうか。このページを開くと日本語でなく英語表記になっているかと思います。chrome://flagsを日本語で開けるかを調べてみました。


目次[非表示]

  1. chrome://flagsは英語から日本語化できる?
  2. まとめ

Chromeの隠し機能に「chrome://flags」があります。「chrome://flags」は、メモリを自動で解放する設定を行える試験運用の機能です。

しかし、このURLで設定画面を開くと英語になっています。設定項目が多く、読むのが得意でないと英語で理解して設定を切り替えるかどうかを判断するのは困難です。
なんとかこのchrome://flagsのページを日本語化できないかと調べてみました。

chrome://flagsは英語から日本語化できる?

chrome://flagsの設定ページ
chrome://flagsの設定画面を日本語で表示する方法はあるでしょうか。

残念ながら、現在のChromeのバージョン(2018年のバージョン71)では英語でしか表示ができません。
日本語化されたchrome://flags
もしお使いのChromeのバージョンが61辺りであれば、日本語で表示されます。

もしくは61より新しいバージョンのChromeをお使いであれば、Chromeをダウングレードして、バージョン61にすれば以下のように日本語化することはできます。

ダウングレードするには、バージョンに対応したファイル(ここではバージョン61)をサイトからダウンロードして再インストールすれば可能です。

しかし、失敗で情報が削除される場合を考え現在の情報をエクスポートしておくなど準備が必要となり、翻訳のためだけであればダウングレードするのはおすすめできません。
(Chromeのダウングレードについては下記の記事にまとめています)

chromeのバージョンをダウングレードしたい!旧バージョンに戻す方法を解説!

Google Chromeはユーザーが何もしなくても自動的にアップグレードされますが、アップグレードによって重い・アドオンが使えなくなるなどの症状が起きてダウングレードしたくなることも…。この記事では、Chromeのダウングレード方法について説明しています。

Thumb

日本語で読むとわかるように、この設定画面は「試験運用版」です。
元々、どうしても設定を調整したい方向けに用意したページであるため積極的な使用を求めておらず、そのため新しいバージョンで日本語化対応しなくなったのかもしれません。

どうしても翻訳して使いたい方は以下のページを参考に、拡張機能「Google翻訳」を使用するのも方法の一つです。

Chromeで翻訳ツールバーが表示されない場合のWebサイトのページ翻訳をする方法!

Chromeで海外のWebサイトにアクセスすると表示されていた翻訳ツールバーが、2018年5月現在では表示されなくなっているようです。この記事では、Chromeの翻訳ツールバーが表示されない場合のWebページの翻訳方法について説明しています。

Thumb

まとめ

Chromeのダウングレードか翻訳ツールを使うかという選択肢になりますが、ダウングレードについては最新の機能やアップデートを利用できないというデメリット面が出てくるためあまりおすすめできません。

翻訳ツールをできる限り利用して、どうしても必要な場合だけダウングレードを検討してみましょう。