Twitterは最強の情報収集・発信ツールなのか?使い方を解説

Twitterは最強の情報収集・発信ツールなのか?使い方を解説

Twitterでは一般的なWEBメディアに比べて、Twitter内に投稿される情報のスピードが早いです。芸能・スポーツ・天気・災害などの情報の収集にTwitterを利用している個人・法人も多く、Twitterは情報収集にかかせないツールとなっています。


目次

  1. Twitterでの情報収集
  2. 個人のTwitterの利用
  3. ビジネス上でのTwitterの利用

Twitterでの情報収集

Twitterでは天気・芸能・スポーツなど様々なジャンルの情報が飛び交っています。

その中でも情報が飛び交うスピードは他のメディアを圧倒するほど早いという特徴があります。

例えば「地震」の情報でも、Twitterを利用しているユーザーが「地震」についてツイートをして、テレビよりも早く地震の情報をTwitterで見たことがある方も多いのではないでしょうか。

もちろんユーザーからの投稿のため、信憑性という意味では他のメディアよりも低い面はありますが、いち早く最新情報を得るためにはTwitterは有益なツールとなっています。

今回はTwitterの情報収集としての使い方を個人・法人と分けてみていきたいと思います。

個人のTwitterの利用

Twitterを個人で利用する場合「友達同士で楽しむため」「趣味や興味のある領域の情報を収集するため」などいくつかの用途に分かれます。

友達同士で楽しむため

LINEやFacebookなど他のSNSのように、リアルの友達同士でつながり、お互いのプライベートの内容のツイートを通してコミュニケーションをとっていくという使い方をしている方も多いかと思います。

その上で自分の趣味により、有名人やためになる情報を発信しているユーザーをフォローしたり、友達に知られたくない情報であれば情報収集用に裏垢を作っている方もいるかと思います。

Twitterで複数アカウントを所持する方法!アカウント追加や切り替え方法ご紹介!

Twitterで複数アカウントを所持する方法や、アカウントの切り替え、追加・作成方法をご紹介します。Twitterでは複数のアカウントを所持してい「本垢」「裏垢」などを使い分けると便利です。一方で複垢を持つには電話番号の認証・削除など手順が必要ですので今回ご紹介します。

Thumb

趣味や興味のある領域の情報を収集するため

情報収集のみの用途でTwitterを利用している方も多いのではないでしょうか?

Twitterでは様々な分野の有名人や専門家、興味を持っている人などがツイートをしています。

その中で自分の趣味や興味のある分野でためになる情報を発信している人をフォローすると、その分野の最新情報をゲットできる可能性があります。

Twitter側で自分の検索やツイートを通しておすすめのユーザーをレコメンドしてくれる機能もあります。

特定のアーティストが好きであれば、そのアーティストの公式アカウントをフォローしたり、尊敬している有名人がいればその有名人をフォローしたり、リツイートをしている場合などです。 もちろん他のテレビ、WEBなどのメディアや書籍などを通じて同じ情報をゲットできることもありますが、「最新の情報」であったり、加工されていない生な情報をゲットしたいという場合はTwitterはうってつけです。

リストでうまく管理しよう!

Twitterにはリスト機能というものがあり、「趣味」「友達」「仕事」などフォローしているユーザーを種類ごとに分けることができます。

情報収集のために、興味あるユーザーをどんどんフォローしてくとタイムラインがごちゃごちゃしてくるので、リスト機能を上手く使ってユーザーを管理していきましょう。

Twitterの「リスト」について総まとめ!作り方・検索・削除まで完全網羅!

Twitterの「リスト」の「作り方・検索・削除・通知」について網羅しています。Twitterのリストを活用する事で、よりTwitterが使いやすくなります。リストに関しての情報をまとめてありますので、参考にして頂けたらと思います!

Thumb

ビジネス上でのTwitterの利用

Twitterでは「フォロー」や「リプライ」「リツイート」「いいね」などのソーシャルな機能を利用して、ユーザーとユーザー(またはユーザーと企業)がつながることができます。
(企業としてはFacebookページや、LINEのアカウント、Twitterアカウントを持つのは今や一般的です)

これまではユーザーとユーザーで友達同士がつながることはあれど、趣味があえど他人とネット上でつながる機会は一般的にはありませんでした。Twitterではハッシュタグでの検索などを通して見ず知らずの人(企業)とつながることができます。

Twitterを通してPR

企業としても、企業のアカウントにフォロワーにたくさんいれば、そのユーザーに対してプロダクトの最新情報やイベントの情報などをPRすることが可能となります。

もちろんTwitter側に広告を出して、有料でPRする方法もありますが、Twitterアカウントにフォロワーが増えてくれば、そのアカウントはツイートをするだけで無料でPRすることが可能となります。

マーケティングの部署でSNS担当を配置したりする企業が増えている状況を見ている、ビジネス上のTwitterやFacebookなどSNSの存在意義はますます大きくなってきています。

貴重な意見を収集するためのツール

更にTwitterのソーシャル機能を利用することでユーザーからの反応も得やすいです。

「製品の○○がよくない」「対応が遅い」などユーザーからの声をダイレクトに聞くことができるので、プロダクトを改良していく上で貴重な意見をTwitterから収集することができます。

Twitterの匿名性があるからこそ、幅広い意見を集めることができるので、貴重な情報源となりえます。
(一方で情報の信憑性という点では問題がありますが、より多くの意見を集めたいという場合にはTwitterは有効です。)


関連記事