Zoomで音が小さい場合の対処法をご紹介!

Zoomで音が小さい場合の対処法をご紹介!

ミーティングアプリ・Zoomで、相手から聞こえてくる音が小さい・もしくは自分が喋ってる声が小さいと言われて困ってしまったことはありませんか?この場合は、Zoomの設定で音量を変更してみましょう。この記事では、Zoomで音が小さい場合の対処法をご紹介しています。


目次[非表示]

  1. Zoomで音が小さい
  2. Zoomで音が小さい場合の対処法

Zoomで音が小さい

ミーティングアプリ・Zoomで、相手から聞こえてくる声や音が小さい・または自分が喋っている声が小さいと言われて、それぞれ音を大きくしたいと思ったことはありませんか?Zoomで聞こえてくる音・自分のマイクの音が小さい場合は、オーディオ設定から音量を挙げて調整しましょう。この記事では、Zoomで音が小さい場合の対処法をご紹介していきます。

Zoomで音が小さい場合の対処法

それでは、Zoomで音が小さい場合の対処法を説明します。Zoomで聞こえてくる音や自分のマイクの音が小さいという場合は、ミーティングウィンドウのマイクボタンの右上にある上矢印をクリックしてメニューを開き、「オーディオ設定」をクリックしましょう。
設定画面が表示されるので、「オーディオ」の項目一覧になっていることを確認します。「スピーカー」の出力レベルの音量バーを右にスライドすることで聞こえてくる音を大きくすることができます。同様にマイクの音を大きくするには「マイク」の入力レベルの音量バーを右にスライドさせましょう。

注意点として、「自動で音量を調整」のチェックボックスがオンになっているとマイクの入力レベルを設定しても勝手に音量が調節されてしまうため、マイクの音量が小さくなる原因になってしまいます。勝手に調整されたくない場合は、「自動で音量を調整」のチェックボックスをクリックしてオフにしておきましょう。

ちなみに、スピーカーのボリュームとマイクのボリュームはパソコンのシステムボリュームと同期しています。

そのため、Windowsであればデスクトップ画面右下のタスクトレイからスピーカーアイコンをクリックして音量バーを表示させて調整することで、聞こえてくる音を大きくすることができます。マイクのボリュームも同様にWindowsのサウンド設定から調整ができますよ。逆にZoomの設定でボリュームを上げた場合、ミーティング終了後は元の音量に戻しておかないと音が大きくてびっくりするといったこともあるため注意しましょう。


キーワード一覧