LINEでトークから退出する方法と「退出しました」と表示される場合の意味とは

LINEでトークから退出する方法と「退出しました」と表示される場合の意味とは

LINEのトークで「退出しました」と表示されたことはないでしょうか。グループなら退出することはできますが個人トークの場合は退出できないはずですよね。この記事では、LINEのトークで退出する方法と、退出しましたと表示される場合の意味について説明しています。


目次

  1. LINEの退出方法
  2. LINEの退出の意味
  3. LINEで退出してから復活できる?

LINEの退出方法

LINEで、トークルームの相手が「退出しました」と表示された経験はありませんか?

複数人のグループトークならメニューから「グループを退会」をタップすることでそのグループから退出することができます。

ですが、普通の場合1対1でのトークルームから退出することはできません。

なぜなら、LINEのトークルームから退出するというのは「LINEを退会する」ということに繋がるからです。

なので、特定個人とのトークルームからの退出方法は基本的に存在しておらず、退出できない仕様となっています。

このメッセージが表示されたということは「もしかしてブロックされてる?」と不安になった方もいらっしゃるかもしれませんがご安心ください。

ブロックした場合トークルームから退出するのではなく、メッセージを受け取らなくなるという挙動になります。ですので退出したからブロックされたということにはなりません。

詳しくは下記リンク先の記事をご覧ください。

LINEで自分がブロックされているか確認する方法!

LINEのブロック機能は嫌な人と距離を離すのに便利ですが、自分も他の人にブロックされていないか不安になりますよね。実はブロックされているのか確認する方法があります。この記事では、LINEでブロック自分がブロックされているかどうか確認する方法を説明しています。

Thumb

LINEのトークルームの退出方法(LINEを退会)を説明します。

その他タブの右上にある歯車のボタンをタップし、設定メニューの「アカウント」をタップしましょう。

アカウントメニュー下部の「アカウント削除」をタップすれば、LINEから退会されると同時に存在する全部のトークルームから退出します。

LINEの退出の意味

個人のトークからは基本的に退出できないのに、何故LINEのトークルームで「○○が退出しました」や「メンバーがいません」と表示されることがあるのでしょうか?この意味について説明します。

友達の場合

知っている友達がトークルームから退出した場合は、ほとんどの場合は「機種変更でアカウントの引き継ぎに失敗したのでLINEアカウントを削除した」のような些細なケースがほとんどです。

この場合は友達がアカウントを作り直した時に「知り合いかも?」に表示されることがありますし、電話番号で検索することでアカウントを探せるのでそこまで問題にはならないでしょう。

知らない人の場合

自分のアカウント設定で「友だちへの追加を許可」をオンにしている場合は、知らない人も自分を友だちリストに追加してトークルームでメッセージを送れるようになっています。

知らない人がメッセージを送ってきたトークルームで、すでに退出されていたら十分注意しましょう。

なぜわざわざメッセージを送ってきたのに退出するのかと言うと、友だちじゃない人とのトークルームでは「友だちとして追加されていないユーザーです。メッセージの内容にご注意ください。」と注意が表示されるのですが、アカウントを削除して退出することで注意が表示されなくなるのです。

相手がスパムアカウントの場合、メッセージにスパムを仕込んで送信してすぐにアカウントを削除することで注意を表示させなくすることで、スパムへの警戒心を薄れさせるのが狙いです。知らない人から送られてきたメッセージの場合名前はあるのかどうか、unknownになっているのか、退出しているのかどうかをしっかり確かめましょう。

LINEで表示される「unknown」の意味を解説!

LINEのトークルームで、ユーザーがunknownと表示されているのを見たことはないでしょうか。この「unknown」とは一体何なのか、元のユーザーはどうなったのか気になりますよね。この記事では、LINEで表示されるunknownの意味について説明しています。

Thumb

LINEで退出してから復活できる?

実際にLINEで退出(退会)してから復活できるのかどうかと言うと「復活することは可能」です。ただし、事前にバックアップを取っていないといけないので注意が必要です。

バックアップを取りたいトークルームのメニューから「トーク設定」をタップします。

「トーク設定」メニューの「トーク履歴をバックアップ」をタップします。

表示されるウィンドウの「すべてバックアップ」をタップして、バックアップデータを作成します。これを、必要なトークルームの数だけ行いましょう。

LINEを退会してから復活する際、バックアップしたデータを適用させることで退会前のトーク履歴を表示させることが可能です。履歴を表示したいユーザーのトークルームを開き、メニューからトーク設定をタップし、「トーク履歴をインポート」をタップしましょう。

トーク履歴をインポートするかどうか聞かれるので「はい」をタップすれば、トーク履歴が読み込まれて復活することができます。


関連記事