Macでpdfをjpegに一括で変換する方法を解説!一括/画像化/オンライン/フリーソフト不要

Macでpdfをjpegに一括で変換する方法を解説!一括/画像化/オンライン/フリーソフト不要

Macでpdfをjpegに変換する方法を解説いたします。Macでpdfをjpeg形式の画像を抽出して一括で変換&保存する方法としてAutomatorを使った方法とオンラインのサービスを使った方法をご紹介します。ぜひPDFを一括でjpgの形式で画像化しましょう。


目次

  1. Macでpdfをjpegに変換する
  2. Macでpdfをjpegに一括で変換する方法
  3. Macでpdfをjpegに一括で変換する方法(オンラインサービス)
  4. まとめ

Macでpdfをjpegに変換する

みなさんはMacでpdfファイルをjpg形式(jpeg)の画像ファイルに変換したいと思ったことはないでしょうか?

例えばpdfファイルでは複数ページ繋がっていますが、シェアしたいのは1ページだけで特定の1ページをjpgで抽出し書き出ししたい場合などです。

もちろんスクリーンショットやプレビューからもPDFを画像化することができますが、複数ページを一括で画像化できなかったりなど不便な点が存在します。

またインターネットから専用のフリーソフトをインストールして使うのは手間だし、ちょっと怖いという方もいるでしょう。

そこで今回はMacでpdfをjpegに一括で変換する方法について解説いたします。方法としてはAutomatorを利用する方法とオンラインで変換する方法の2種類をご紹介していきます。

Macでpdfをjpegに一括で変換する方法

まずはMacのAutomatorを利用する方法を解説いたします。

MacのLaunchpadのその他のAutomator
Automatorでpdfをjpegに一括変換し保存するアプリケーションを作成します。最初だけ手間ですが、一度アプリケーションを作っておくと次回以降とても楽に画像化できます。

Launchpadの「その他」からAutomatorを起動させましょう。
書類の種類を選択
新規書類で書類の種類を選択します。

今回は「アプリケーション」を選択します。
Automatorのアクション
Automatorのアプリケーションのアクションでまずは、ライブラリのPDFの項目から「PDFページをイメージとしてレンダリング」を選択しダブルクリックしましょう。
Automatorのアプリケーションフロー
右側に「PDFページをイメージとしてレンダリング」が追加されます。ここでフォーマットの変更もできます、pngやgifなど別の形式にしたい場合はフォーマットを変更しておきましょう。

ここではデフォルトのJPEGイメージのままでいきます。
アクションのFinder
続いて「ファイルとフォルダ」のアクションを選択し、その中の「Finder項目をコピー」をダブルクリックします。
Automatorのアプリケーションフロー
右側に「Finder項目をコピー」が追加されます。こちらがpdfを抽出して一括で画像化した際の保存先になります。

現在デスクトップが選択されていますが、必要な方は任意のフォルダに変更しておきましょう。
Automatorのアプリケーションの保存
ここまで出来たらアプリケーションを保存しましょう。フォーマットを「アプリケーション」にして、名前を付けます。

ここでは分かりやすいように「PDF To JPEG」としました。保存場所は任意ですが、一旦アプリケーションにしています。
Automatorで作成したアプリケーション
アプリケーションフォルダに「PDF To JPEG」が保存されました。このアイコンに対して、画像を抽出したいPDFファイルをドラッグ&ドロップしてみましょう。

無事に画像が抽出され、デスクトップに一括で書き出しされているはずです。

Macでpdfをjpegに変換する方法

  • Automatorを起動してアプリケーションを選択
  • 「PDFページをイメージとしてレンダリング」を選択して必要な方はフォーマットを変更
  • 「Finder項目をコピー」を選択して必要な方は保存先を変更
  • アプリケーションを保存して、保存されたアプリケーションにPDFをドラッグ&ドロップで一括で画像化される

以上でMacでpdfをjpegに変換する方法のAutomatorを使った方法が完了です。次回以降は作成したアプリケーションにpdfをドラッグ&ドロップすれば、pdfファイルが自動でjpg形式の画像で書き出しがされ、デスクトップに保存されます。

Macでpdfをjpegに一括で変換する方法(オンラインサービス)

次にPDFをjpegに変換するオンラインサービスがありますので、ご紹介します。Automatorのアプリケーションを作成しないでも利用できるので、よりお手軽に利用したい方におすすめの方法です。

iLovePDFのサイトでpdfをjpegに変換することができます。iLovePDFは以下のリンクからアクセスすることができます。

iLovePDFのサイトへのリンク
I Love PDFのサイト - PDFの選択
使い方は至って単純で、まずはPDFファイルを選択します。ボタンを押してファイルを選択するか、PDFファイルをドラッグ&ドロップしましょう。

アップロードが完了したら、「JPEGに変換」ボタンを押しましょう。

jpg画像のダウンロード
しばらくまつとjpg画像のダウンロードページが表示されますので、ダウンロードします。zipファイルがダウンロードされ、zipファイルの中に一括でjpg変換された画像が保存されています。

いかがでしょうか。オンラインサービスの方が楽に利用できますが、オンラインサービスにpdfファイルをアップロードする際には機密情報については注意しましょう。

Macでpdfをjpegに変換する方法(オンラインサービス)

  • I Love PDFのサイトにアクセスしPDFファイルをアップロード
  • 一括で画像化されたzipファイルをダウンロード
  • PDFをアップロードする際には機密情報には注意しよう

まとめ

いかがでしたでしょうか。Macでpdfをjpegに一括で変換する方法について解説してきました。

フリーソフトなどは利用しないやり方をご紹介しましたが、今回ご紹介したやり方でオンラインサービスの方がより手軽に出来ますので、時間がない方にはおすすめです。

ただしインターネット上にファイルをアップロードする事になりますので、会社の機密情報が入ったファイルなどは利用しない方がいいです。

一方でAutomatorを使った方法では自分のMacのPCの中で完結する処理なので、機密情報が入ったPDFはこちらを利用しましょう。最初だけアプリケーションの設定が手間ではありますが、一度作成しておけば次回以降はそのアプリケーションを使えば自動でpdfを画像に書き出ししてくれますのでおすすめです。

また今回はPDFの画像化について解説しましたが、PDFファイルにテキストや画像の追加など加工・編集(PDFファイルのまま)を行うことができます。PDFファイルの加工・編集については下記の記事でまとめていますので興味ある方はぜひ見てみて下さい。

PDFファイルの加工・編集には「PDFelement 6 Pro」のソフトが圧倒的に便利!テキスト修正/文字・画像削除

PDFファイルの加工・編集をする方法をご紹介します。「PDFelement 6 Pro」のソフトを使う事でPDFファイルの内部のテキスト修正や、文字や画像の追加・削除が行なえます。PDFに対して加工・編集したい場合にはぜひ便利なソフトを利用しましょう。

Thumb

関連記事